ボイストレーニングのメニュー

ここでは、ボイストレーニングのメニューを紹介します。
まず、ボイストレーニングでやることは、息を強く長く出せるようになることです。
イメージはお腹の中にある空気をすべて出すような感じで行うことです。
1.
ハァー、ハイ、ハァー、ハイハイハイというような感じで、首と肩に力が入らないように注意して、上半身を動かさずに行います。
このときに喉は絞めないでください。
あと、息を吐くだけで声は出してはいけません。

2.
1ができるようになったら、今度は自分の好きな曲の歌詞や、小説などを1と同じように息だけで声を出さずに読むようにします。
このとき息を弱く出すのではなく強く出して感情豊かに読むようにしましょう。
早口でまくし立てて読むのは効果がないのでゆっくりと、腹筋を使っているのがわかるように読みましょう。

3.
次は息から声を出す訓練をします。
息をアーと吐いている状態からアーという発声に移ります。
このとき高い音にしないで低い音を発声させるように気をつけてください。
息が声になる瞬間がどういうものなのかここで掴んでください。

4.
声を出す時間を延ばします。
アーという声を同じ音量、音質でできるようにしてください。
最初は短い時間で行い、段々長くしていってください。
このとき、身体で声を支えるような感覚を意識してやると効果的です。

5.
今度は逆に発生していたものを息に戻す練習をします。
アーッの「ッ」の部分で息に戻します。
喉で息を切るのではなくお腹で切るようにしてください。
これも大きな声でやってください。

6.
アイと発声してアとイがつながっているように発声します。
喉だけでなく身体全体を使う意識を持ってやりましょう。
このとき、顎を前に出さないでください。

7.
アイに強弱をつけます。
アイ、アイ、アイと発声してそれぞれの音の強さを弱、中、強にして発声していきます。
これもアとイがつながって聞こえるように発声し、口だけで発声せずにしましょう。

8.
今度はアイ、アイと発声して高い音のラからいきなり低い音のドにしていきます。
頭のほうで響かせるのではなく胸で響かせるようにします。
かすれたりしないようしっかりと音を出してください。

9.
次は反対に低い音ドから高い音ラにしていきます。
これも胸で響かせるようにします。
高い音のほうを強く聞こえるように意識してください。

10.
CDをたくさん聴いて正しい息の使い方をイメージしましょう。
このときジャンルにこだわらず普段自分が聞いていないようなジャンルの歌を積極的に聴きましょう。

10まで行ったらまた1に戻って繰り返し練習してください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s