ロングトーンのトレーニング

歌唱力を判断するひとつとして、ロングトーンが挙げられます。
ロングトーンというのはビブラートと同じで、歌手には必須な要素です。
名前の通り、長く声を伸ばす発声のテクニックです。
ロングトーンをすることで、声を安定して出せるようになりますし、腹式呼吸やビブラートの練習にも応用できます。

ロングトーンは、最初は息が続かないですが、練習をこなしていくうちに何十秒も音を出し続けることが出来るようになります。
ロングトーンをやろうとすると、意識しすぎてあまりにも大量に息を吸い込みすぎる方が多いですが、それは逆効果になり息が不安定になる原因となってしまうので、一度息を吐ききってから自然に息継ぎをすると良いでしょう。

ロングトーンでは、繊細に息をコントロールすることが求められます。
なるべく一定に、長い時間声を発し続けられるように、声のパワーをコントロールしながら練習しましょう。

また、ロングトーンは曲の盛り上がる場面や、テンションが上がる場面を迎える時に使われることが多く、声量が必要であると考えられる方も多いです。
しかし、最初から声を出し過ぎると長く息が続かないので、始めは声量を少し控えめにすると安心です。
ロングトーンが上達してくると、常に一定の声量ではなく、さまざまな変化を楽しむことが可能になってくるでしょう。
始めは弱いけど次第に強く発声したり、その逆の、始めは強く発声するけれども次第に声量を抑えるパターンもあります。

また、ロングトーンはビブラートを取り入れやすい場所になります。
ビブラート初心者のうちは、短い音や音程が変化する場所ではビブラートをかけにくいものです。
ロングトーンならば安定した発声をしやすく、ビブラートを効果的に生かすことが出来ます。
ビブラートは深さや音の振動の幅がさまざまですが、音の高さのピッチを調節するといった練習をすることで、感覚を得やすくなります。

まず、音を半音ずつ上げ下げしてみましょう。
最初はゆっくりで構いませんが、慣れてくると少しずつ音程を変化させる間隔を短くしていきます。
そして、膝でリズムを取りながら、音を揺らしてみることを意識すると、ビブラートの感覚に近づいてきます。
綺麗なビブラートは、一定のリズムで音が揺れていることが多いです。

ロングトーンを頑張って練習しているうちに、ビブラートを意識しなくとも自然に身に付くことも多いです。
まずはロングトーンを鍛えてみることから始めましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s