腹式呼吸って、どういうものなの

 ボイストレーニングを受けてみたい。そう考えている人は決して少なくないと思います。理由は人それぞれです。歌がうまくなりたい人もいるし、話し方を変えたい人、声の出し方を変えたい人など、いくつも理由があるでしょう。では、ボイストレーニングにいった場合、一体どんなトレーニングをするんでしょうか。
 まず、ボイストレーニングの最終的な目標を確認しておきましょう。これは、歌がうまくなる、滑舌がよくなるといったことではありません。はい、そうではないんです。それはあくまでもオマケで、ボイストレーニングの目標は声を出す正しい方法を学んで、声帯に負担のかからない発声法を身につけることにあります。意外でしたか?
 では、声帯に負担のかからない発声法とは何でしょう。それが腹式呼吸です。呼吸は大きく分けて、腹式呼吸と胸式呼吸にわかれます。といっても、腹式呼吸も肺を使う呼吸に間違いはありません。意識的に、肺の中でも下の部分を使って呼吸するようにすることが腹式呼吸と呼ばれるものです。肺の下の方に息がたまると、まず横隔膜が下がります。そしてさらに下にある内臓が圧迫されます。そのさい、お腹やわき腹、背中のあたりが膨らむので腹式呼吸と呼ばれているのです。
 普段の生活でも、意識しないで腹式呼吸をしていますよ。仰向けになった時ですね。それにストレスのないときも、実は腹式呼吸をしているんです。意外ですね。
 さて、歌などで大きな声を出す時は、腹式呼吸がいいとされています。それは、腹式呼吸のほうがたくさんの息をためておけるからです。歌う、話すという行為は、吸い込んだ息を吐き出すときにおこないます。ですからたくさんの息を体に入れられれば、それだけ大きな声を出すことができますね。さらにボイストレーニングでは、吐き出す息を自分でコントロールする方法を教えます。それが声の強弱や声帯をいためない声の出し方につながるのです。
 では、自宅でもできる簡単な腹式呼吸のトレーニングをお教えしましょう。まずまっすぐに立ち、おへそとあばら骨の間に手を置きます。あごを下げて、おもいきり息を吸い込みます。この時は口から吸いましょう。吸いこんだら口を閉じ、ほんの少しだけ口を開けます。そして、細く細く息を吐きます。吐き出す強さは、ティッシュがゆらゆらする程度です。息を吐ききるまでが、苦しいところです。がんばりましょう。慣れてきたら、息を吐くときに声も出すようにします。大きな声を出す必要はありません。「ふー」っというような小さな声でいいのです。そして手を当てているあたり、横隔膜をしっかり意識しながら声を出しましょう。
 簡単なトレーニングですが、肺活量アップには大変に有効的な方法です。一日数回でも、忘れずに続けてやってみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s