すぐにカラオケが上達する方法

お風呂や車の中では上手に歌えるのに、カラオケになるとうまく歌えないという方は多いと思います。
その原因の1つが、カラオケで瞬時に自分に合う音域を見つけられないことにあります。

普段は音源を聞きながら、その楽曲を歌う歌手と同じキーで歌ったり、
アカペラ状態で好きなキーで歌ったりしていても、
いざカラオケになるとそれがどのキーかわからなかったり、
原曲キーが実は自分の声とは合わなかったりして焦ることはありませんか。

すぐに自分に合うキーが見つかればいいのですが、
歌い出しとサビ、歌い終わりでは音域が異なることも多く、
合うと思ったキーで歌い進めると途中で声が出なくなってしまうこともあります。
また、焦って何度もキーを変更すると、それだけで座が白けてしまいます。

そうしたことを極力少なくするためにお試しいただきたいのが、
「ヒトカラ」すなわち「ひとりカラオケ」です。

1人では気恥ずかしいと思われる方も、練習などと気負うのは嫌だという方も、
自分と向き合う時間、リラックスする時間を持つつもりで試してみてください。

その時、十八番を色々なキーで歌っていただきたいのです。
すると、これまでは出なかったAメロの低音が楽に出せたり、
いつも苦しかった大サビの高温が楽に出せたりする音域が見つかるはずです。
そして、ご自身の歌の上手さに驚かれるでしょう。

無理なく出せる声というのは柔らかくなります。
柔らかい声はマイクに拾われやすいので、自動的にいちだんと上手く歌えるようになります。

このとき心がけていただきたいのが、息継ぎと息継ぎの間の声量を一定に保つことです。

悪い例として、フォーミュラ1でレーシングカーが周回するときの音を思い浮かべてみてください。
同じ位置で聞くと、音は大きくなったり小さくなったりしますよね。
それと同じことをカラオケでやると、いくら音程が合っていても下手に聞こえます。

上手に聞こえるように歌うには、反対に声量を一定に保てば良いのです。
そのためには、マイクに向かってがなり立てたり、声を押し出すようにしたりせず、
楽な音域で気持ちよく声を出すことが大切です。

もう一つ試していただきたいのが、口元とマイクの距離です。
あまり近づけすぎるのはお勧めしませんが、
どのくらい離したところで声が綺麗に響くか確かめましょう。
高い声と低い声とで適切なマイクの位置が異なるので、
一曲のなかでもフレーズごとに合う位置を研究してみてください。

楽に声を出せる音域とマイクの位置を見つけ、一定の声量を心がけるだけで、
歌はぐっと上手になります。
ご家族やお友だちとカラオケで楽しく盛り上がってください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s