カラオケ上達法

カラオケなどに皆で行くと、ほとんどの方がそれなりに歌えています。中には生まれつき歌が上手でない方もいますが、今は殆どの方が小さい頃からカラオケに行き慣れている為か、それなりに人前で歌えているという印象があります。

その「それなり」から一段階引き上げて、ざわついているカラオケボックス内が一瞬でシーンとなりあなたの歌声に聞き惚れてしまう方法をお教えします。

その方法とは、喉を広げて歌うという方法です。一般的に歌を習っていない場合には、のど声という状態で、肺からの息をのどだけでコントロールして歌っている状態です。このような歌い方だと、調子がいい時はそれなりに歌えますが、のどを酷使してしまうので、次第に声がかすれてしまったり、声量が少なかったり、高音域が出にくかったりしてあまりいい歌声が長続きしません。

そののど声を卒業する方法としてご紹介するのが、のどを大きく広げて、声をお腹の腹筋の強弱で調整するという方法です。今までは喉のみで声量をコントロールしていましたが、のどは常に全開にしておいて空気の通りを良くし、音量の調節は腹筋にて行うのです。

ポイントは、肩、首、口周辺をリラックスさせて、口の中、のどを大きく欠伸をする時のような状態で保つようにします。この時、のどを広げようと顎を持ち上げてしまう方がいますが、顎を持ち上げてしまうと、舌が下がって逆にのどを塞いでしまいます。なので、顎はなるべく少し引き気味にして、舌を口の奥に下がらないように意識するようにします。

以上を意識しながら、最初は「あ」「ら」などの単音で発声練習するようにします。口や喉、首をリラックスさせ、口の中や喉を開くようにして声だしするようにし、腹筋の力の入れ具合だけで声量を調節するようにします。

この喉をひらいて声量の調節が出来るようになれば、今度は自分の好きな歌に合わせて歌うようにします。最初は前のイメージがあるので、のど声になってしまいますが、のどを開いて腹筋の強弱で声を出す方法をしっかり意識すれば、次第に歌えるようになってきます。

最初はしっかり喉を開こう、しっかり腹筋の強弱だけで声の大小を調整しようと意識し過ぎてしまうため、あまり音程に頭が行かないのでうまく歌えないと思いますが、自然と出来るようになるにしたがって、皆から注目を浴びるような歌声へと変化していきます。

カラオケが見違えるほど上達すると、更に歌うのが好きになって更に上達します。是非試してみて下さいませ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s