ボイストレーニングにおいてポイントとなる発声法についてご紹介します

歌を習おうと思ったり、歌を勉強しようと思ったりしたことがある方は、ボイストレーニングということを聞いたことがあるのではないでしょうか?
では、ボイストレーニングとは、どのようなものなのでしょうか?
ここでは、ボイストレーニングにおいてポイントとなる発声法についてご紹介します。
ボイストレーニングやボーカルレッスン時の参考にしてください。
日本人は、外国人のように、普段から深い呼吸をしながら話すというようなことを行っていません。
そのため、日本人は、どうしても歌を歌う時にのど声(地声)を使いすぎてしまうような傾向があります。
例えば、ギターの場合で言えば、体がボディーである共鳴体になり、咽頭部分がギターの弦ということになります。
ギターは、弦だけでも音を出すことができますが、音の広がりということは期待できません。
このことは、声の場合でも同じようなものです。
私達が声を出す場合には、最初に呼吸を行ってから空気が肺に入っていきます。
吐き出す呼気によって、喉仏の中にある声帯が振動して原音が生まれてきます。
この際の原音は、喉頭原音と言われており、ほとんど聞こえない程度の、響きが無い小さな音なのです。
この喉頭原音が、口腔(口の中)や喉頭(喉の中)や鼻腔(鼻の中)などの共鳴腔で共鳴して、増幅されるので声になって、歯や舌を使って調音されて言葉が生まれてくるのです。
鳴腔の形が人によってそれぞれ違っているので、声に個性が存在するようになるのです。
逆に共鳴腔の形が似ている場合は、声が似てくるようになってきます。
この共鳴の効率をよくすることにより、より抜けが良くて響きが深いような声を生み出すことが可能になってきます。
ここでは、私たちが普段よく使っているような鼻歌やうなずきのときの、のどに負担が少ない声を眉間の共鳴を感じながら実感していただくことです。
もっと響きが深い声を出すのには、口腔、喉頭、鼻腔に声を効率良く共鳴させることが必要です。
しかしながら、ほとんどの人が思っているように使いこなせていないというもの、それが鼻腔共鳴なのです。
また、鼻腔共鳴をよく鍛えることは、高音域を発声するための重要なベースになります。
ベースとなるような裏声を、まんべんなく低い音域から高い音域までよく鍛えておきましょう。
そうは言っても、やはり地声をトレーニングするということも疎かにしてはいけません。
声種は、鍛えないと衰えてくるし、また伸びて行かないからです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s