腹式呼吸で簡単にカラオケ上達

カラオケ上達にも不可欠な腹式呼吸は、声量アップにもまた声の音域を広げることにも効果を発揮します。
腹式呼吸を身につけることで、息の送り出しが安定します。
これにより、息の強さを変えずに一定に伸ばしたり、最後まで息を使い切ったり、息を強く出したりといったことが可能になります。

まず、自分が寝ているときを思い出してみてください。
もしくは実際に横になってみてください。
呼吸をするたびに、おなかが上下しているのがわかると思います。
横になっているときには、知らないうちに誰でも腹式呼吸を体験しているのです。
大切なことは、息を吸ったときにおなかが膨らみ、息を吐くときにはおなかが縮むというイメージを持つことです。

おなかの中に空気を入れるつもりで息を吸い、おなかの底から息を吐いていくと言ってもいいでしょう。
腹式呼吸を誤解されている方も多いかもしれませんが、本当におなかの中に空気がたまるわけではありません。

では次に、腹式呼吸を実感する方法をご紹介します。
まずはおなかに手を当てて息をゆっくり吐いていきます。
最初のうちは、おなかをへこませていくようなつもりで息を吐きます。
おなかが縮んでもうこれ以上息が出ないというところまで息を吐ききってもすぐに息を吸ってはいけません。
そのまま吐ききったところで止めておきます。
少し苦しくなるまで我慢してみてください。
ちょっと苦しくなってきたところで息を吸う(ブレスする)わけですが、ここが大切なところです。

口から息を吸おうとせずにおなかをパッとゆるめてやります。
あるいは、へこんでいたおなかを開放してやるつもりとかおなかを広げてあげるつもりなどと言ったほうが感覚的にわかりやすいでしょうか?

するとおなかがポンプのように働いて口を軽く開けただけでも深く息が入ってくるのがわかると思います。

ここで意識を向けておいてほしいのは、息を吸っているというよりは、自然に息が入ってくるこの感覚です。
リラックスしてこの呼吸方法を最初から何度か繰り返してみてください。

腹式呼吸の感覚を掴んだら、次に実際に声を出して練習をしてみましょう。
腹式呼吸には、ロングトーンの練習が適しております。

ロングトーンとは、一定の音を伸ばす練習方法です。
どの音程でも構いませんので、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。息を吐ききるあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐ききれるように練習しましょう。
吐ききれなくなったら、おなかを緊張させた状態でしばらくキープするとより効果的です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s