腹式呼吸の基本と簡単練習法

腹式呼吸を身につけることで、息の送り出しが安定します。これにより、息の強さを変えずに一定に伸ばしたり、最後まで息を使い切ったり、息を強く出したりといったことが可能になります。

呼吸の方法には胸式呼吸と腹式呼吸の2種類があります。胸式呼吸は、肺の周りの筋肉を使って肋骨を広げることにより肺を膨らませます。胸式呼吸をすると、肩が上下します。

腹式呼吸は、お腹の筋肉を使って、横隔膜という肺の真下にある膜を下げることによって、肺を膨らませます。腹式呼吸をすると、お腹が膨らんだりへこんだりします。

歌に関しては、腹式呼吸の方が呼気が安定するため良いとされております。ただ、変に意識しなくても、息を最後まで使い切ろうとすれば自動的に腹式呼吸になります。

それでは、簡単な腹式呼吸の練習法をご紹介しましょう。

まず、背筋をしっかり伸ばします。親指と人差し指で輪っかを作り、口を丸めて輪っかの中に入れます。
この状態で、ゆっくり息を吐いていきます。もうこれ以上吐けないところまできたら、お腹の力を使ってもう一押ししてみましょう。
本当に吐けなくなったら、お腹の力を緊張させたまま5秒間停止したあと、お腹を楽にします。
お腹の緊張が解かれると共に、自然に息が吸い込まれたと思います。その位置から再びゆっくり息を吐いていきます。

これを繰り返すことで、腹式呼吸に必要な筋肉が鍛えられます。
また、呼吸の練習は酸欠になりやすいので、くらくらする場合は無理をせずにすぐに休んでください。

腹式呼吸にある程度慣れたら、実際に声を出して練習していきます。
腹式呼吸には、ロングトーンの練習が適しています。

ロングトーンとは、一定の音を伸ばす練習方法です。
腹式呼吸の練習に使う場合は、必ず息を最後まで吐ききる事に重点を置きましょう。息を吸いすぎる必要は全くありません。

どの音程でも構いませんので、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。
息を吐ききるあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐ききれるように練習しましょう。
吐ききれなくなったら、お腹を緊張させた状態でしばらくキープするとより効果的です。

しばらく練習を続けることで、腹式呼吸の筋肉ができてきます。

腹式呼吸に慣れてきたら、横隔膜を調整して息を多く出したり、逆にセーブする練習をしてみてください。
実際の歌では、息の量を少なくして歌うところ、息の量を多くして歌うところなど、いろいろな場面が出てきます。
息の量や強さでアクセント・抑揚・強弱・ビブラートをかけたり、いろいろな表現が可能になります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s