音域の広げ方のコツについて

歌を上手に歌うためには、ボイストレーニングで音域を広げておくことが求められます。
歌を歌うにあたっては、普段話し声に使うような声の高さとはかけ離れているような、さまざまな高低の音を的確に使い分ける必要があると言えるでしょう。
男性歌手であっても、サビなどでは高音を多用しているケースがとても多く、カラオケで原曲キーのまま歌うためには高音の練習をしておく必要があります。
高音というものは、ボイストレーニング初心者にとって本当に難しく感じるでしょうし、苦手に感じることがほとんどです。
高音のトレーニングは、裏声を鍛えることが重要です。
裏声の練習を少しずつ積み重ねていくことによって、高音を強く美しく出せるようになるので、今全く高音が出ないといった人も大丈夫です。
何のトレーニングもしてない状態で出せる音域というものは、一人一人の声質が違うように、それぞれ違うものです。
音域が幅広いからといって、一概に歌唱力に結び付くわけではないのですが、いろいろな歌のバリエーションを増やすにあたっては音域の拡張は避けて通れない存在であると言えるでしょう。
しかし、ボイストレーニングによって幅広い音域をどなたでも手に入れられることが出来るので、練習が大切です。
一般的に、苦手とする音域は自分の話し声から遠いことが多いです。
全ての人にあてはまるわけではありませんが、高音が苦手な方は、普段の話し声が低かったり、低音が出にくい方は、普段の声が高い方が多いです。
低音を出すコツとして、あごを引くことが挙げられます。
喉を開くようにして、声を胸のあたりに響かせるように声を出してみると、低音が出やすいです。
低音は響きも重要なので、息をたくさん吐き出すことと、胸のあたりを意識することがおすすめです。
練習するうちに、だんだんと出やすくなったり、感覚をつかめることもあるので、いろいろと自分に合った方法を探ることが一番のおすすめです。
そして、次に高音のコツについて紹介します。
高音を出す時には、腰を少し落とすようにしながら、お腹の少し下らへんの部分(丹田)に力をぐっと入れます。
丹田に力を入れると、高音はおどろくほどスムーズに出やすくなります。
あまり喉のことばかり考えないで、上半身は力を抜きましょう。
喉や首や肩の力が抜けたら、呼吸を大きくおこないましょう。
息をしっかりと吸って、リラックスした状態で、軟口蓋を挙げて声を出します。
遠くにいる人に聞かせるようなイメージで、声を出すと、声量が上がりやすいです。
そこで注意したいことは、叫ぶのではないということです。
歌声として発声しながら、上に突き抜けていくようなイメージでやさしく声を出してみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s