ボイストレーニングのための基礎トレーニング

上手に歌いたい、人に音痴と言われたくないと誰しもが思うところです。専門家の指導を受ければ、昨日まで音程も満足に踏めない人が、ほれぼれするような声を出せることはありません。ボイストレーニングにも基本というものがあります。そして、自宅で一人で行えることがあります。
ボイストレーニングの基本からです。陸上競技や格闘技の運動練習においても、筋力をつけることが始まります。ボイストレーニングも同じです。休んでいる部位に、いきなり緊張を与えてもストレスが溜り、ダメージが発生するだけです。発声に使用する筋のストレッチから始めます。適度なストレッチを行うことにより、筋をほぐし温めます。対象となる部位は、腹筋・首・背筋です。簡単にできる、効果的な運動はラジオ体操です。これを2セット行います。手間はかかりますが、水泳も肺活量を養うためにはいいことです。
次に、リコーダーを使った練習です。小学校で使ったもので十分です。ドの音から出します。ピーだけではなく、ぴーーーーと10秒間吹きます。レの音、ミの音と「下のド」から「上のド」まで吹くと、次は20秒間、一つの音を出します。最後は30秒間を目指します。初心者なら最初は10秒間が限度です。短時間なら肺だけで吹けますが、時間が長くなると腹式呼吸を使用せざる負えません。腹式呼吸を意識的に行うのは初心者には難しいのですが、このようにリコーダーを使用すると短時間で腹式呼吸を体得できます。また、リコーダーにより音を耳の外から覚えることができます。この練習は、長時間行うと身体への負担が大きいので朝夕の10分程度の時間で行うのが効果的です。このように、ストレッチとリコーダーを使ったトレーニングにより、肺活量と声量を高める練習をします。
次は、ハミング(俗に言う、鼻歌)の練習です。ハミングとは、口を軽く閉じて、鼻から抜けるような感覚で発声する歌唱方法です。ハミングの効果は、内耳共鳴により身体の中から音を感じれることです。最初は、ドレミから始めます。ドレミファソラシドの音階の練習して、自分の好きな歌をハミングします。声に出して歌うと、無理して声を出そうとして喉を閉めてしまいます。しかし、ハミングの練習することにより、高音でも自然と喉を閉めることなく音が出せるようになります。高い音を出そうとすると、喉に力が入ってしまい、極端な例では喉をつぶしてしまいます。また、ハミングの練習により、内耳共鳴により鼻骨や頭蓋骨にブーンと響くことより音程を自分でコントロールできるようになります。
リコーダーでもハミングの練習でも、コツは力まないことです。常に、脱力を意識して行います。このように、ボイストレーニングの基礎トレーニングを行うことにより、本格的にボイストレーニングを行ったときの上達が早くなります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s