カラオケの上達法(呼吸法)

カラオケで多くの人が誤った考えをお持ちなのですがカラオケや歌唱力は才能などは関係ありません。ただ自分にあった、正しい練習法をしているか、そうでないか、自分の声や音域などを分かって持ち味を活かしているのかそうでないかの違い、たったそれだけのことなのです。なので自分にあったボイストレーニングをするだけで格段に違いが見えるようになるでしょう。
もし才能が要求されるならそれはプロの歌手のみです。プロになりたいのであれば才能は必要でしょう。でもカラオケで趣味程度に歌う分にはそんな才能はいりません。

まずはしっかりとした呼吸法を学びましょう。呼吸法には「腹式呼吸」と「胸式呼吸」があります。
歌う時に主に要求されるのは腹式呼吸です。では2つがどう違うのか、腹式呼吸はお腹の中から声を出す方法でよく歌のトレーニングで言われることです。胸式呼吸は普段しゃべっている時の呼吸法です。
わかりやすく言うと腹式呼吸を使うと裏声に胸式呼吸は地声(普段話しをしている声)と言うことになります。
ボイストレーニングの本ではよく腹式呼吸を解説していますがなかなかそれを見てしっかりと歌うのは難しいでしょう。
なのでここではまず、歌うことより腹式呼吸を出来るようになると言う1ステップを踏みましょう。

普段の生活の中で息は鼻から吸って口から出していますよね。ところが歌を歌うときはどうでしょうか?大きな声を出すためにより多くの息が必要になるため口から吸って口から吐いていませんか?実はこれが上手に歌えていない呼吸法でしっかりと歌えない原因の一つになります。本来人は鼻から吸う様になっているんです。その証拠に鼻には毛が生えています。これは息を吸う際に不純物を取り込まないためのフィルターとしての役割を果たしているからなんです。つまり人の体は鼻から吸うメカニズムで出来ているのです。
ところが普段は鼻で息を吸っているのに歌の時だけ口から吸ってしまいますよね。より大きく息を吸い込もうと力むことで口からぐっと息を吸い込んでしまうことこそが綺麗な腹式呼吸を妨げているんですね。
確かに大きな声を出すのには多くの息を吸いたいです。大切な事ですが、吸った息をお腹から吐き出すことが出来れば吸い込む息の量が少量であっても大きな声を出すことはできます。
大きな息の吸い方を鼻から吸う事で出来るように体になれさせてあげましょう。それで全く違うカラオケでの自分が開拓されることでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s