ボイストレーニング上達の基礎

ボイストレーニングの中でも最も大切なことの一つが、自分がどういった声をしているのか、それを客観的に知ることです。というのも、普段自分の声だと思って聞いている声は、耳の内耳というフィルターを通して聞こえているものです。これには雑音も混じっており、本来の自分の声とはかなり違った声としてあなたは認識しているのです。
そこでボイスレコーダーを使ったトレーニング方法ををおススメします。ボイスレコーダーを持っていないと言う人は、スマートフォンの録音機能で代用してください。このボイスレコーダーを使って、自分の歌っている声を録音するのです。なんだそんなことか、と思われる方もいるかもしれませんが、自分の歌っている声を聞くことだけでも大きな勉強になります。自分の歌声は周りにどのように聞こえているのか、これを知るのはボイスコーダーやビデオを使って、客観的に聞く以外に方法はありません。
こうして客観的に聞くことで、自分がこれまで気づかなかった治すべきクセや、欠点などをすぐに見つけることができるのです。自分の声を録音して聞くことは、初めのうちは恥ずかしいかもしれませんが、それも歌を上手く歌うためだと思って慣れてしまいましょう。
歌を歌うのには、いかに自分がリラックスするかと言うことも大事です。これはテレビでよく見るプロの歌手を見ていても分かることですが、みなさん歌っている姿勢が千差万別であることに気付くはずです。これはプロの歌手は皆さん自分が最もリラックスできる姿勢と言うのを、知っているからです。これは人によって様々ですから、一概にこの姿勢が一番良いなどとは言うことができません。自分の一番歌いやすいリラックスできる姿勢はどういったものかというのを、探すこともボイストレーニングの一環です。いろいろと思考錯誤しながら、トレーニング期間のうちに探してみましょう。
歌を歌う上での基礎として、腹式呼吸もマスターしなければいけません。プロの歌手は皆さん例外なくこの腹式呼吸をマスターしていますから、力強い声と伸びのある声を出そうとすれば、腹式呼吸で発声しなければ声が出ません。しかしながら胸式呼吸に慣れた人にとっては、なかなかコツがつかめないこともあります。そんな時は仰向けになって、お腹に手を当てて息を吸ってみましょう。するとお腹が上下するのが分かると思います。これが腹式呼吸の感覚です。コツさえつかめれば、後は練習をすれば必ずできるようになります。
ともあれ、好きこそものの上手なれと言う言葉通り、まずは楽しんでボイステレーニングをすることが上達のコツです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s