自宅でボイトレ

ボイストレーニングは、声量、声域、声帯を広げるにあたって絶対に必要なトレーニングです。私自身も毎日欠かさずにやっております。仕事がら、いろんな声を出さないとダメなので喉、声には気を使ってます。私からは自宅で出来るボイトレをご説明させて頂きたいと思います。
ボイトレの前に大切な事として、呼吸法を練習しましょう。それは、もちろん2種類の呼吸法ですね。「腹式呼吸と胸式呼吸」です。
基本的に大きな声を出す際は腹式呼吸を必要とします。もちろんこれは高い声や低い声に関しても一緒です。
腹式呼吸のやり方として基本は、寝転んだ状態でお腹を意識して膨らませ、お腹を意識してへこませの繰り返しです。
人間は寝る時は、勝手に腹式に切り替わります。解らない方は、寝た状態にて確認してみてください。
それとは、反対に胸式は、肺で呼吸する形となります。走った後などで方がゆれる呼吸法は胸式ですね。肩が連動して動きます。
ボイトレは基本的に腹式で行います。
声を出す前に、身体を鍛える必要もあります。腹式をするにあたって腹筋と横隔膜は絶対に鍛えないといけない部分でもあります。腹筋を鍛える事で腹式呼吸も楽になりますし、姿勢もよくなります。
あと、横隔膜を柔軟にすることで一度で吸いこめる腹式呼吸の際の空気の量が増えます。すると長い間、発声ができるようになります。
横隔膜を柔軟に動かす鍛え方は、リラックスした状態から行ってください。吸い込んだ後に何秒か止める。吐いた後に何秒か止める。これを繰り返す事によって、すこしずつ鍛えられていきます。
腹筋の鍛え方は、皆さんがよく知っている方法も良いのですが、もっと楽に鍛える事が出来ます。あの鍛え方では、腰への負担が大きいので腹筋が鍛えられると同時に腰が痛められてる感じになります。
ですので、寝転んだ状態で、膝をたてて、5cmほど身体を立てる程度で良いでしょう。もしくは、足を延ばして、床から3cm〜5cm上げる方法で10秒耐える事を何回も繰り返すと良いと思います。
腹筋と横隔膜が柔軟になってくるとおのずと声量は、あがります。空気の出入りする量が増えますから、おのずと出せる幅も広がります。
そして日頃から行っていただきたい事がもう一つあります。それは、ストレッチです。
出来ればお風呂上りや寝る前に筋を痛めない程度に伸ばして頂きたいです。身体を柔らかくすることでダイエットにもなりますし、リンパの流れも良くなります。健康の為、声の為にもこれを続けてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s