歌がうまくなるボイストレーニング入門

歌を歌いたくても、高い声が出せなかったり、声量が弱くて困ってるなんて人もいるかもしれないですが、
ボイストレーニングをするとある程度までは、うまくなれます。
ぜひバンドでボーカルなどを始めたい方は実践してみてください。
まずは体作りからです。基礎体力をつけますと、高い音が出やすくなったり、単純に声量が大きくなったりします。
体の全体を鍛えれる水泳がお勧めです。そのあと、腕立て伏せと腹筋を疲れすぎないくらいにやっておきましょう。
そうすると自然と声量が大きくなっていきます。
そして次は、高い音を出す練習です。
地声にはある程度限界があります、しかし高い音を出す方法はあります。
それは、ミックスボイスとよばれているものです。
どのように出すかといいますと、まず裏声を出してみます。
そして、だんだん音階を下げていってください、そうすると音に芯がありながらも、
音の高い声が出せているところに行くと思います。
それがミックスボイスです。
ミュージシャンの方でもとてもきれいな声で高い声を出している方もいるかと思われますが、
実はそれは多くはミックスボイスなのです。
裏声だけですと、バンドサウンドが激しくなっている中では聞き取りにくいので、
ミックスボイスをマスターしましょう。
すぐにミックスボイスが出せるようになればあなたの音域は広くなったということです。
ミックスボイスの練習は先ほども書きましたが、裏声から地声へと、音を下げていきちょうどいいところの音を
瞬時に出せるように意識をしながら練習しましょう。
まずはカラオケなどで、音域の高い曲を選んでください。
そしてまずは、裏声で歌ってみましょう。
そして途中から、裏声と地声を混ぜ合わせる感じで歌ってみてください。
すぐには、習得するのは難しいかと思いますが、ミックスボイスを使えるようになりますと、
大体の曲は歌えることができるようになります。
あとは呼吸法が大事になってきます。
腹式呼吸といいまして、感じのとおり腹から息を出して歌い上げることを言います。
ただ腹に力を入れるだけではだめです。
腹から息がでている感じを意識して歌ってみてください。
腹式呼吸で歌えるようになりますと、歌声の迫力がぜんぜん違ってきます。
といろいろ書いてきましたが、おさらいしますとまず基礎体力をつけるためにトレーニングすること。
そして、ミックスボイスを使えるように練習すること。
最後に腹式呼吸で息を出せるようにすることです。
このように練習していければ、素敵な歌声を出せるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s