ミックスボイスって?

ミックスボイスとは、簡単に言うと裏声と地声が混ざった声のこと。
地声では出ない音域の発声をする時にこのミックスボイスを使うと、裏声よりも太くよく響く声が出せるんです。

歌手で表すなら、平井堅さんなどは典型的なミックスボイスの歌手。良く伸びる高音が特徴的ですよね。対して、YUKIさんのように地声が高いタイプの方もいます。
持ち味はそれぞれですが、ミックスボイスを習得しておけば地声で歌う時に比べて喉にかかる負担も少ないので、ボイストレーニング中の方にはぜひマスターしてほしい歌唱法です。

では、どのようなトレーニングをすればミックスボイスが習得できるのかと言うと、まずはきれいなファルセット(裏声)で歌えるように訓練するところから始める必要があります。

【きれいな裏声を出すには】
裏声を出すとき、地声の時にはピッタリ閉じている声帯が開いた状態になります。声帯が開いている分、声帯の震える部分の長さが短くなり、高い音が出しやすくなるのです。
しかし、声帯がこの状態にあるときは息もそれだけ多く漏れてしまいます。そのため、裏声は地声に比べて息が混ざったふわっとした声質になってしまうというわけです。

男性の場合「ファルセットがなかなか出せない」という方も多いと思います。声帯が開くとき、訓練していない声帯はとても不安定ですから、声が裏返ったような感じになってしまうことがあるんです。

ですから、まずは、ファルセットで声を出すことに慣れることから始めましょう。上半身の力を抜き、腹式呼吸で息を吸って、「ハァッ」と一気にため息をつくように息を吐きます。このとき喉で息を押し出すのではなく、お腹から息を吐き切ることを意識するのが大切です。

次は、少しその息に高い声を混ぜてみましょう。あくまで力を抜いて、ため息のつもりで「ハァッ」と裏声を出してみてください。響きのある裏声が出るはずです。

慣れたら、今度はため息をながーく吐くように、裏声で発声をしてみましょう。喉に力が入らないよう、状態を揺らしながらでもOK。始めはスカスカでもいいので、ファルセットの出し方を声帯に覚えさせることが重要です。

【声帯の開く範囲を狭くしていこう】
ファルセットができるようになったら、いよいよミックスボイスに挑戦してみましょう。

まずは、小さめの声で(小さめの声の方がミックスボイスになりやすいと言われています)「アー」とファルセットで発声。この時、声が後頭部に響いている感じがするはずです。

そして、その頭の後ろ側にある響きを前に持ってくるようなイメージで、「アー」から「ンー」と発声をハミングに変えてください。鼻がビリビリ振動していたら成功です。

そして、ハミングを再び「アー」に戻すのですが、この時響きが頭の後ろに逃げないよう、鼻に意識を集中してください。「アー」というより「ンガー」という方が近いかもしれません。どうでしょう。同じ裏声でも初めの「アー」よりだいぶ芯の通った声になっていませんか?

【好きな歌手の真似も大切】
ミックスボイスは数日の練習で習得できる技術ではありません。

トレーニングを続けることも大切ですが、まずはお手本となる歌手の声を真似してみるというのもいい手段です。「こんな声を出したい」というイメージを持ちながらトレーニングをすると、より効果的ですよ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s