ボイストレーニングで歌が上手くなる

カラオケで歌うとき、緊張して上手く歌えないことはありませんか。
本当は思いっきり大好きな曲をみんなの前で歌ってみたいのに、自分の歌声に自信がないから一歩踏み出せないなんて人はいませんか。

歌は人に感動を与えてくれます。
すばらしい声を聞いたとき、涙を流す人がいます。
では歌唱力とは、生まれ持っての才能なのでしょうか。

それは、半分本当で、半分は嘘です。
実は、歌は訓練次第で誰でもある程度は上手く歌えるようになるんです。

そこで必要になってくるのが、歌手の人もやっているボイストレーニング。
プロの歌手だってトレーニングをして更に音域を広げたり、声量を増したりしているのですから、これを学ばない手はありません。
しっかりトレーニングをし、ポイントを抑えて、気持ちよく歌いたかったあの曲を思いっきり歌いましょう。

歌う前には、まずストレッチから。身体が緊張していると、出る声も出ません。心地よい程度のストレッチをしつつ、ゆったりリラックスして気持ちよく声を出すことが大事なのです。
ストレッチによってインナーマッスルも鍛えられ、声量が増します。
ボイストレーニングにおいて最も重要なのは、呼吸法です。
喉で歌うと息継ぎがズレますし、声が裏返り出したい音が上手く出ないばかりか、最悪の場合は喉を痛めてしまいます。高音をキレイに出し、喉を傷めないためにも、横隔膜を広げ、お腹の中心である丹田を意識し腹式呼吸を行います。足は肩幅に広げ、リラックスした立ち方を意識してください。

歌を上手く歌うには、声量がキーワードになりますが、まずこの呼吸法を意識しただけでも、あなたの歌唱法は以前と大きく変わってくるでしょう。それだけ息の仕方というものは、ボイストレーニングで重要な要素です。
音をとるという意味でも、歌いながら自分の声を確認するのは必要なことになりますので、声量は特に重要です。

よくカラオケでマイクを口に近づけると、歌が上手く聞こえるなんて言ったりしますが、これは完全にマイクが近づくことによって声量が上がることで起きる現象です。
しかし、ただ大きい声を出せばいいという訳でもありません。
歌詞の内容を理解し、強弱をつけての表現が大事です。

ボイストレーニングには、自分で気軽にできることと、プロのトレーナーに教わったほうが早いこととがあります。
まずは、上記の自分で取り入れられる内容から実践してみてください。
その上で、更にコツを覚えたいと思う方には、教室に通うことをおすすめします。

見違えるほど、あなたの歌が変わりますよ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s