自分で特訓!腹式呼吸マスター法

歌を上手く歌うための基礎となるのが腹式呼吸。

腹式呼吸とは読んで字の如く、「腹で呼吸をすること」です。
私たちが呼吸をする時には肺を膨らませますよね。その際、胸(肋骨)を広げる方法を「胸式呼吸」、腹を膨らませ横隔膜を上下することで胸に空気を入れる方法を「腹式呼吸」と言います。

腹式呼吸の特徴は、体の重心が下に下がることで安定して大きな声を出し続けやすくなるということ。
オペラなどに携わるプロの声楽家はもちろん、舞台をやる俳優さんなんかもこの腹式呼吸をマスターしている方がほとんどです。

反対に胸式呼吸だと、重心が上の方にあるため、太い声が出にくくなります。特に高音では胸や頸に力が入るので、鶏の首を絞めたような苦しげな声になってまったりします。
歌っていると喉が苦しくなる、力が入ってうまく声が出ないという方は胸式呼吸に陥っていると言ってまず間違いないでしょう。

では、腹式呼吸をマスターするためにはどうしたらいいのかと言うと、まずは「腹を使って空気を吸う」という感覚をつかむことが何より大切です。椅子を使ったトレーニングがあるので紹介します。

まず、地面に足の裏がしっかりくっつく程度の高さの椅子に、脚を組んで座ってください。組めない場合はそのままで結構です。
そして、「スー」と音を立てて息を吐きながら、状態をゆっくり前の方に倒していきます。このとき、腰骨の少し上あたりに手をあてて、空気が体から出ていくのを感じてください。

完全に体を前に倒し、息を吐き切ります。なるべく肩や胸の力を抜き、腹筋の力で押し出すように息を吐き続け、「もうだめだ!」と思ったところで、絞り切った腹筋をゆるめるイメージで鼻から一気に息を吸います。この時、体は倒したままです。

手のひらに、腰骨の上あたりがガボッと広がる感覚が伝わってきたら、腹式呼吸成功です。「腹式呼吸」と聞くと、お腹を前後に出したりひっこめたりするイメージがありますが、正しくは腰のまわりあたりを広げる方がイメージとして正しいのです。

何度かこれを繰り返しコツがつかめてきたら、今度は立った状態で同じことをしてみてください。立ってこのトレーニングをすると始めは肩や胸に力が入ってうまくいかないものですが、慣れてくると上体には力を入れずにできるようになります。

また、このトレーニングをする前にできれば毎回やってみてほしいのがストレッチ。立った状態でも座った状態でもいいので、柔軟体操をしてから腹式呼吸のトレーニングにうつってください。体が緊張したままだとそれだけ余分な力が入りやすくなりますので。

自宅でできる腹式呼吸法をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。腹式呼吸をマスターするために大事なのは「イメージをつかむこと」です。何度も試して自分なりにコツをつかむことが上達への近道です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s