歌を歌うためのフォーム作り

ボイストレーニングを自分で行うとどうしてもフォームが崩れがちになってしまいます。
あるいは、フォームをあまり重要視していない方もおられます。
それでは、いくらボイストレーニングをしても効果が出ません。
フォームを直せば喉が痛くなくなり、息を長く吐け、大きな声や高い声が出るようになります。
ここでは歌を歌ったり、ボイストレーニングをするときのフォームについて書いていきます。
1.
最初は身体全体の力を抜いてリラックスしてください。
このとき顎の力も同様に、力を抜いてください。
姿勢は肩を落として胸を高い位置に保ち、腰を前に突き出すような感じで膝は脱力させます。

2.
そして、次は自分自身についた癖を取る作業をします。
喉の周辺の筋肉の力を抜き、声の癖を取りのぞきます。
もし貴方のいつも出している声が顔や口の中で響いてしまっているのなら、悪い発声といえます。
ですから顔や口で響かないような発声を心がけましょう。
身体と声がつながれば、声域も広がります。

3.
実際にアーウーと発声して声が響いているところを確かめます。
確かめる場所は首、背中、腰、尾てい骨です。
1つ響いていることが確認されたら順番に確認する位置をずらしていきます。
このとき注意することは確かめるのに夢中になって肩が上がってしまわないようにすることです。

4.
前かがみになってアウと叫んでみましょう。
これは腹斜筋を鍛えるための練習です。
ですから今まで前側の腹筋だけしか使っていないとこの練習はきついでしょう。
あまりやりすぎてしまうと、足がつったり、しびれてしまったりするので少しやったら休憩を入れてそれからもう一度するようにしましょう。

5.
丹田といわれるヘソの下意識を集中して、身体全体で音の響きを捉える練習をしましょう。
せっかく身体があるにもかかわらず、喉だけで歌わないようにするためにもこの練習が必要です。

6.
顎を固定して発生してみましょう。
ア、アー、ア
ウ、ウー、ウ
ン、ンー、ン
という発声を顎を固定したままやってみましょう。
最初はなれなくて声が出にくいですが徐々に声が出るようになります。
身体が張ってきたと思ったらできている証拠です。

7.
自分の出しやすい声を探します。
音を出すとき自分の出しやすい音を大きく強い感じで出していくと徐々に声が高くなっていきます。
それを今度は初めからその音程で発声します。
そうすると音域が徐々に広がり、自分の出しやすい声の範囲も広くなります。

この方法を続けていけば正しい姿勢で正しい発声ができるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s