ボイストレーニングで正しい発声を身につけましょう

ボイストレーニングをすることによって、歌が上手くなったり、自分の声がよりよいものになるなど、さまざまな効果が期待されます。
ボイストレーニングは、どなたでも気軽に始められ、歌手を目指している音楽関係の方であったり、演技や演劇において声という存在の重要性が高い役者さんであったり、仕事で声を使う方以外にも趣味や習い事としてボイストレーニングをされている方など、多くの目的があります。

また、声を出すにあたって、最良の発声方法を見つけ出すことが出来ます。

ひとりひとり、声が違うのと同じように、発声のやり方や癖などは個々によって変わってきます。

悪い癖を直したり、新しい発声方法を覚えることが出来るので、ボイストレーニングをすることによって喉に負担をかけずに良い声を出すことが可能になってくるでしょう。

普段わたしたちは何気なく声を出していますが、ボイストレーニングではきちんとした態勢や腹式呼吸と呼ばれている呼吸法を用いることが大切です。

声を出す準備として、体が力まないことが大事です。
肩の力を抜いたり、喉や顎や舌に力をこめないようにして発生することが求められます。

そのためには、声を出す前に軽いストレッチをすると良いでしょう。
首を前後左右に傾けたり回したりといったストレッチや、肩を上下運動したり上半身を伸ばしておくことなどが挙げられます。
ラジオ体操の動きを取り入れると、わかりやすいでしょう。
歌を歌う際、高音を発する場面では、上半身が無意識のうちに力んでいる人が多いです。
首や肩が緊張してしまうと、声に伸びがなくなってしまい、聴きごごちが悪い声になってしまうだけでなく、喉に負担を与えてしまうことにも繋がります。
事前に体をほぐしておいて、脱力させておくことが求められます。

また、舌を動かしたり、あくびをする時のように喉を下げる動きをして、喉の緊張をほぐしておくことも大切です。
喉の動きは、人によって違いますし、ボイストレーナーさんの指導方針などによっても変わってくるので、自分に合ったものを見つけるには時間がかかることもあります。

発声をする時には、おへその下に力を入れるようなイメージで腹式呼吸をおこないます。
息を吸ったときにお腹がふくれるような感覚があることが多いです。
仰向けに寝て、実際にお腹の上に手を置いてみると、動きが理解しやすいです。
お腹だけでなく、背中や横腹を膨らませるように息を吸うと、正しい腹式呼吸になりやすいです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s