ボイストレーニングの基礎

今回は私独自の練習方法をご紹介したいと思います。
まず、ボイストレーニングの説明からいたします。簡単にいえば発声練習のことです。歌手の方を見てくだされば分かるかと思いますが、歌手の方はまず声がしっかりと出ていて音程も合っていてそれでいてきれいな声ですよね。逆に友達で下手な人の歌を聴くと聞きにくかったり声がぶれっちゃたり音程がずれているのに気づいていなかったりと発声がなっていないのです。それを整えて聞きやすく美しく他の人が聞きたいと思える声、歌にする練習がボイストレーニングです。
それでは私のボイストレーニングの練習方法をご紹介します。
しかし、最初から声を出しても出るわけありません。まず初めにすることはストレッチです。プロの方はどうか分かりませんが私たち素人が急にきれいな声を出そうとしても出るはずがありませんので、まずは体から綺麗な声をだせる準備をしましょう。私は必ずボイストレーニングをする際にはストレッチを欠かしません。ストレッチは人それぞれお好みでいいのですが、私は首を回したり背伸びをしたり柔軟体操を10分ほどします。また、体づくりはとても大切なので、腹筋はもちろん背筋や腕立て、ウォーキングやランニングを無理をしない程度に毎日行っています。次第に声が出しやすい体になっていきますよ。
ここからボイストレーニングです。まず初めてボイストレーニングをする方は自分の一番自信のある曲や上手くなりたい曲を用意し自分で歌いその曲を録音しましょう。自分の歌の良いところ・悪いところが自分でもわかります。この方法はできれば毎回ボイストレーニングを開始する前にやってください。自分の曲を聴き改善点を意識してレッスンに励みましょう。まず始める事は、自分の一番出しやすい声で良いので何秒だし続けられるか測りましょう。この時、声が小さすぎる、声がぶれてはいけません。しっかりと出せる時間を計りましょう。毎日測り自分なりの目標を立てその目標に向かって努力しましょう。ちなみに私は女性ということもあり30秒を目標に練習しています。その後、声をだんだん大きくしたり、声をだんだん小さくしたりする練習も行いましょう。その後少し喉を休ませるために、自分の歌いたい曲をじっくりと聞きましょう。いつものように流して聴くのでは全く意味がありませんので、音程を意識して聞き、自分の録音した曲との違いをしっかりと認識しましょう。その後、まだできるようなら先ほどの声だしを再度行い、最後に再び自分の曲を録音します。この時、トレーニング前に歌った曲と同じ曲を歌いましょう。今日の成果がわかりトレーニングが楽しくなりますよ。歌う時には原曲と違った点の意識をし感情をこめて歌えるといいですね。
私のこの練習方法は始めてから1時間もかからない為少し時間があるときにすぐ行うことができます。この方法を続けることにより私は格段と歌が上手くなりました。
一度お試しいただけると幸いです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s