ボイストレーニング〜高い声の出し方

高い声で歌っていると、ある音から急に裏返ってしまう、喉が苦しくなってしまう・・、など高い声がうまく出ないと悩む方も多くいます。ではどうしたら綺麗な美しい高い声が出るのでしょうか。

高い声を出すには、お腹から声を出すことが非常に大事です。お腹から出ない場合は無理に喉を使って声を出さざるを得ませんが、その場合喉を傷めてしまい、綺麗な美しい高い声が出せません。お腹から声を出すことを意識すると、喉の負担が減りますので、声が苦しく裏返ることなく、美しい高音を出せるようになります。ではお腹から声を出すには、どうすれば良いのでしょうか?それは「腹式呼吸」を練習することが一番重要です。腹式呼吸を、しっかりマスターできれば、力強い声を発声させることができるようになります。

複式呼吸をマスターするには、1,5?や2?の空のペットボトルを使って呼吸の練習をすると良いですね。 まず普段のトレーニングをおこなう前に、ペットボトルを口にくわえます。ペットボトルの中の空気を、思い切り吸います。そのあとでボイストレーニングをおこなってください。このトレーニングを毎日おこなうと、複式呼吸が自然にできるようになり、声量が格段にアップし、高い声も苦しくなく綺麗に出せるようになります。ただ体調が悪いときは酸欠を起こす場合もありますので注意が必要です。体調と相談して無理しないで練習しましょう。もしトレーニング中に頭痛がするなどの症状がでましたら、すぐに中止してくださいね。また自分が可能な限り高い声を15秒毎日出す練習をおこなうと、少しずつ美しい高い声が出せるようになります。

また高い声がなかなか出ないという人は普段も暗い声で、あまり笑わないで話す癖がついている人が多いです。笑っている顔をつくり、口角を上げて歌うようにすると、自然に明るい声が出て高い声も出やすくなります。ですから普段日常で普通に話すときも話し方を意識して変えてみると良いでしょう。普通に話している声が口をあまり開けずぼそぼそ話すようでは、いざ高い声を出したい時に、うまくきれいな声が出ません。普段から口を大きく開けて、口角を上げてお腹から声を響かせていく練習を意識しておこなうとより良いでしょう。ただこの練習がけっこう難しいこともあります。自分では意識して口を大きく開けているつもりが、まったく開けていない場合が意外と多いです。そういった場合は鏡を見てチェックしたり、誰かに見てもらうと良いでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s