腹式呼吸をマスターする

まず、上手に歌を歌うためには「腹式呼吸」をマスターしなければなりません。
腹式呼吸は、あらゆるボイストレーニングの基本になるもの。
現在、歌手として活躍している人は、この腹式呼吸をきちんとマスターしています。
では、まず「腹式呼吸の基礎知識」から学んでいきましょう。

▼腹式呼吸と胸式呼吸
私たちの呼吸は、腹式呼吸と胸式呼吸に分けることができます。
この違いは、「肺の上部で息をするか、下で息をするか」の違いです。
胸式呼吸の場合、胸の上の方で呼吸をするので「呼吸をすると肺が上下する」という特徴があります。
よく、マラソンでたくさん走ると肩で息をする様になりますよね。これは胸式呼吸をしているという証拠です。
対して、腹式呼吸の場合は胸の下のほうで息をしますので、呼吸をするとお腹が上下します。
「腹式呼吸」と書くとお腹で呼吸をしている様に思えますが、そうではありません。
胸の下で呼吸をするとお腹が上下するので、「腹式呼吸」と呼ばれているだけです。

▼歌を歌うなら腹式呼吸
この2つの呼吸法のうち、歌に活かすのであれば「腹式呼吸である」と言われています。
それは、胸式呼吸だと長く息を維持することができないため、声を長く伸ばすなどの歌い方ができなくなってしまう為。
御存知の様に、歌を歌うには非常に多くの技術を必要とします。
そのなかのひとつである「声を長く伸ばす」「強弱をつけて歌う」などの技術は、息をたくさんためることで初めて実現することができるものです。
しかし、胸式呼吸ではそれが難しいために、より深く息をためておくことができる「腹式呼吸」をマスターすることが求められるわけです。

▼ボイストレーニングと腹式呼吸
腹式呼吸のトレーニングは、まず「肺の下部で息をする」ということからはじめます。
まずはまっすぐに立ち、鼻から息を吸い込んでください。その時、巧くいけば胸ではなくお腹が膨らみます。
胸が膨らんでしまっている場合は、胸式呼吸になってしまっている状態ですので、これを少しずつ改善していかなければなりません。
お腹で息をすることを意識しながら呼吸を繰り返すと、少しずつできる様になってきます。
大事なのは、あくまで「リラックスした状態で行う」ということ。腹式呼吸は緊張しているとそれだけで難しくなってしまいますので、できるだけ肩の力を抜いた方法で行わなければなりません。心が穏やかな状態で、一日に何度か練習をしてみてください。

また、腹式呼吸を行うためには腹筋のトレーニングをすることも大切。
腹式呼吸は横隔膜を使って行うものですが、腹筋はこの横隔膜を鍛えることができるトレーニングです。
特に、女性の場合は胸式呼吸の人が多いので、腹式呼吸にしていくためにはトレーニングが必要不可欠。毎日短時間でもいいので、腹筋をする時間も作っていきましょう。
腹式呼吸は大切なボイストレーニングの一貫です。
思い通りに歌うことができる様に、少しずつ身につけていきましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s