世界との差はどこにあるのか

日本人のボーカリストと世界のボーカリストを比べると、体つきや骨格のハンデがあることを差し引いても、やはり日本のボーカリストの大多数は歌うことの技術が乏しく、まだまだ世界の足元にも及ばないなという印象が強いですよね。

なぜ同じように歌い、ボイストレーニングもしているのに、これほどまで日本人ボーカリストと世界のボーカリストの歌声では違いが生じるのかというと、これは日本人のボーカリストの場合、歌声と話すときの声を意識的に作り変えているのに対して、世界のボーカリストは話し声と歌声がほぼ一緒だからという点にあります。

そして、日本人のボーカリストの場合、高音域を出そうとすると喉が上がります。
これを抑えるために、意識的に声を頭の上で響かせたり、眉間に当てたりする歌唱法になるのですが、世界のボーカリストの場合、胸で響かせて声の芯を掴んでいるので日本のボーカリストと違い、自然と頭で響くことができるのです。
しかも、世界のボーカリストは音の高い低いではなく強弱の意識が強いため、変に声を上ずらせたりはしないのできれいな音を出すことができているのです。
シャウトの場合も、日本人ボーカリストは、シャウトするときにお腹で作らずに喉で作っているため、身体の中心で音がとれずに喉が絞まってしまうため、うまくシャウトすることができないのです。
リズム感に関しても、日本人ボーカリストの場合は、声を当ててリズムを取るのでなかなかノリを出すことができませんが、その点、世界のボーカリストは点で捉えるのではなく線で音を捉えるので、スムーズにフレーズ移行できるし、リズム感あふれるノリのよい歌を歌うことができるのです。
こういったことから、日本と世界の間では音声のイメージに大きな違いがあることがわかります。
口だけで歌っていると表現力が乏しくなったり、聴いている人からすると声に魅力がないと思われてしまうのは当たり前ですよね?
ですから、そうならないためにも、しっかりとした声を掴みながら、心に何かを感じてそれを表現するように息を吐きながら歌声にすると、人々から魅力ある声だと思われるようになります。

こういったことに日々気をつけながら、ボイストレーニングに励むとより一層魅力的で、表現力豊かな声を出すことができ、世界でも通用する声を手に入れることができるでしょう。
私は日本人だから外国人のような歌声は出ないと思っている方はその考えを改めたほうがいいでしょう。
練習すれば必ず自分の理想に近づくことができます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s