ミックスボイスを身につける方法

歌唱力の幅を広げたいと考えている人なら、「ミックスボイス」について聞いたことがあるはずです。ミックスボイスとは、「裏声と地声を混ぜた様なもの」と考えてみて下さい。ミックスボイスを使うと、裏声を出してもそれが地声の様に聞こえるというメリットがあります。

皆さんは、裏声を使う時というのはどんな時だと考えていますか?恐らく、多くの人が「高い声を出したいとき」と答えるでしょう。高い声を出す、それはつまり「音域を広げる」ということとイコールになります。

ですが、一般的には裏声を出すとすぐに「裏声だ」と解りますよね。ミックスボイスの場合は、裏声でありながらさも地声で歌っている様に聞こえます。つまり、地声の音域が広がった様に表現をすることができる、ということ。また、裏声でありながら力強く歌うこともできる様になるので、歌の表現力も上がります。

▼ミックスボイスを練習しよう

ミックスボイスの練習方法はひとつではありません。いくつかの方法がありますので、その中からどの方法を選ぶかが重要になります。中でもここでご紹介するのは、「あくびをする時の喉の形」から声を出していく方法です。
まず、あくびをしてみて下さい。意識するとわかりますが、喉が開くような感覚があるのが解りますよね。

そのまま声を出してみると、最初は高い声が出ますが徐々に低い声が出てきます。この時「地声かな?」という高さまで声が低くなったとしても、地声とは声も違いますし、声の出し方も違うことに気付くはずです。これが、ミックスボイスです。

この状態で、トレーニングをしていきます。まずは、軽いハミングから。次は「ドレミファソラシド」の音階に沿って声を出してみる。ポイントは、最初は地声を出していき、そこから徐々に高音を出すようにしていくということです。

気をつけたいのは、ミックスボイスの練習をしていると、どうしても高音ばかりの練習をしてしまうということ。もちろん高音の練習も大事ですが、ミックスボイスというのは低音の訓練も必要になるので、こちらの練習もしていかなければなりません。

なぜなら、ミックスボイスは低音から高音に声を切り替えるときに使用するからです。この様なトレーニングをずっと続けていると、低音から高音にスムーズに切り替えることができます。意識としては、「声でグラデーションを作る」という感覚で練習をしてみるといいでしょう。

ここでは、私たちがいつもしている「あくび」をミックスボイスのトレーニングにに活かすという方法をご紹介しました。いつもやっていることを活かしてのトレーニングであれば、わかりやすいでしょう。もちろん、すぐに出来るものではありませんので、コツコツとトレーニングを積むことが重要です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s