ヘッドボイスと使いこなしていくためのボイストレーニング

歌は裏声が特に重要なものになります。
裏声を使いこなせませんと、下手に聞こえてしまうようなこともあるのです。
下手に聞こえてしまうような裏声はよろしくありません。
ただし、裏声にもいくつかの種類があります。
そのいくつかの種類をボイストレーニングで手に入れていくべきです。
それを曲の中が使いこなしていくようになさるべきです。
それほど難しいものではありませんので、
しっかりとチェックしてみるといいのではないでしょうか。

そこで裏声の一つですが、ヘッドボイスというものがあります。
ヘッドボイスというものですが、裏声の出し方の一つになっています。
特にクラシックといったものなどで使われる裏声の出し方となっているのです。
ソプラノ歌手などがよく使いこなしているのです。
高音域を奏でる方法として使う一つの声の出し方となります。
そのようにプロの方が利用しているものですが、
何もプロだけが習得しているものではありません。
一般の方も利用していくことができます。
そもそもボイストレーニングでしっかりと身につけることもできるのです。
最初は難しく誰しも思ってしまいます。
ただし、身につけるためのボイストレーニング方法もあります。

まずトレーニングのテーマとしまして、息漏れをしていないということが重要になります。
そして喉が開いているという特徴も必要です。
以上の二つに注目をしまして、
ボイストレーニングをしていくということがどうしても必要になってきます。

息漏れにつきましては、マイナスも多いです。
息漏れしていると、息が漏れたような音がします。
すーっというものが聴こえてしまうことがあるのです。
結果的に、息も長く続かなくなります。
長い時間、高音を出していくことができないこともあり得るのです。
息漏れに確実に対処していくことがヘッドボイスにはどうしても必要です。

また、喉が開いているという部分ですが、
開いていますとふくらみのある裏声が出るようになります。
まさにクラシックのソプラノ歌手のような声になっていくのです。
高音域でも喉を開けるように練習を繰り返していくことが大切になります。
例えば、男性でしたら女性の曲を何度も練習していくといいのではないでしょうか。
女性の曲を確実に歌えるようになりますと高音の練習にもなります。
そして喉の使い方も熟知していくことができるのです。
喉が閉じていてはなかなか女性の曲を男性は歌えません。
また、女性でありましても、
特に高音が多い曲を練習していくことで喉の使い方がしっかりと理解できるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s