ボイストレーニングで音域を広げる!

今回は音域を広げるためのボイストレーニングについて紹介していきたいと思います。
カラオケなどで好きな歌を歌う際、声が出なくて音域を上げたり下げたりして歌ったことってありませんか?
でも、音域をある程度下げても対応しきれない曲もありますよね。ボイストレーニングで声の使い方、出し方などを
学ぶことで、こういった難しい曲も歌いこなせるようになったり、楽に歌えるようになったりするんですよ。

まず低音が苦手な方から。地声が高めの方は低い音を出すのが苦手の傾向にあります。
低音の発生はのどを大きく開く必要があります。ですので、息が比較的早く多めに出ていくので、
肺活量の足りない方、腹式呼吸で息を吐く際の調整をすることに慣れていらっしゃらない方は
低声を何とか出せても息が足りなくなってしまい、歌を歌うどころではなくなってしまうのです。
この状態になりがちな方は、腹式呼吸で歌うことを心がけてください。
腹式呼吸そのもののトレーニングも行ってくださいね!
また、低音を出すときのコツがあります。
あごを少し引き喉をリラックスした状態に開いてください。肺のあたりからのどを通って声を出すイメージを描きながら
歌ってみてください。重厚なひびきの低音が出やすくなるはずです。

そして高音が苦手な方。地声が低い方に多いのですが、この悩みを抱えている方はとても多いです。
ある程度訓練を重ねれば、現在の地声の限界をのばすことはできます。
呼吸の仕方や、長く伸ばした音であるロングトーンを鍛える、自分の出る最高の高さの音を出す…などの方法で
地声が出る高さをより高くすることはできるんです。正しい発声で、自分の声を鍛えることが大切です
ただ、地声というのはどうしても一定の限界がきます。
じゃあ、それ以上の高さの声は出せないの?
いいえ、そうではありません。
テクニックを磨くことで、それ以上の音域も出せます。
つまり裏声(ファルセットといいます)やミドルボイス・ミックスボイスという中間音域を自然に出せるようにトレーニングを
かさねていくことで、地声よりもかなり高いところの音域まで出せるようになります。
そのほか、リップロールやタングトリルというテクニックを使いこなすことで、歌える音域がひろがります。
ただし、発声の仕方によっては不要に喉に負担をかけるようなことになることもありますので、
自分一人でボイストレーニングする際はのどのケアに努めてくださいね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s