発声練習の基本を学んでボイストレーニング

歌がうまくなりたい方に言いたいのは万里の道も1歩からと言うように
歌をうまく歌えるようになるためにはいくつかの法則があると思います。
その中に発声練習と言うものがありますよね。それは歌うことで基本というか基盤になります。
そして歌唱力があったとしても音程がしっかりとれていても何を言っているのか分からなくては全く意味がありません。
基盤を作ってからしっかりとした応用の勉強をして行くことをオススメします。

特に突き詰めた職種を目指しているのであれば発声練習は必ず通る道でもあると思います。
基本のきの字ですからもちろん出来ていたほうがいいですよね。
例え歌手にならなかったとしても発声練習しておくことによって自分の印象が明るく変わることもあるので
極端な話ですが就職、面接などにも有利になってきますね。
それくらいボイストレーニングと言うのは生活にも密着していると言うことですね。

では実際に発声練習を行うとしてどんな練習の方法があるのでしょうか。そして発声練習をすることでどんな変化が得られるのでしょうか。
せっかくボイストレーニングをするのですから何か自分にとって良い事にならなければやる気も出ないしやる意味もないですよね。

ボイストレーニングは通常大きく口を開けてお腹から声をはっきりと発声するという方法や、
腹筋や横隔膜などを使ったボイストレーニングなどを使い発声が出来るようになる方法など
これは教えてもらう方によって違って来ることが多いですね。
それは先生の教え方、その人のポテンシャルにも寄るのも大きいでしょう。

しかし共通して言えるのは大きく口を開けて発声をすると言うことでしょうか。後は言葉をはっきりですね。
大きく口を開けることとはっきりと言葉を発声することによって普段よりも大きな声が出るようになるので歌を歌うときにも
はっきりと発声をすることができるので聞く側も聞き取りやすいという部分はありますねえ。
吸う息を少なめに吐く時は肺の中の空気を出し切る様にというのもよく勉強します。
これは口を大きくと言うのと同時進行で勉強、トレーニングしておくといいでしょう。
口を大きく開ける、呼吸法のボイストレーニングを行うことで今まで出なかった、出せなかった音域の音が出せるようになったり
するのは本当にあることだと思います。
肝心なのは毎日毎日の練習を欠かさない様にすることが大事ですね。
そうすればよりうまく歌を歌えるようになることでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s