腹式呼吸が必要な理由とそのやり方

普通、人は胸式呼吸を行って生きています。胸式呼吸とは肋間筋という筋肉を使って呼吸を行う方法で、この筋肉が肋骨を広げることで肺にスペースができ、そのスペースに空気を取り込むことで呼吸を行います。しかしこの胸式呼吸は息をコントロールしにくく、歌を歌うことに適していません。また息をたくさん肺に取り込むことが難しく、強くて長い息を出すことができません。そのため声帯に力が入ってしまい、声に震えを生じさせます。このようなことを防ぐために必要なのが腹式呼吸です。肺とお腹にある内臓の間には横隔膜と呼ばれる膜があります。腹式呼吸とは、この横隔膜を上下させる呼吸法です。横隔膜は息を吸い込んだ時に肋骨を大きく広げるため、肺に広いスペースができ、たくさんの空気を肺に取り込むことができます。たくさんの空気を取り込める分、歌を歌うときの声量は増します。また肋間筋を不必要に使わないので胸部が安定し、声帯に不要な力が入りません。そのため声が震えるこはありません。この腹式呼吸を行うことで喉がリラックスし、そこに広い空間を作ることが出来ます。そのため効率よく声を響かせることができるので、楽に大きな声を出すことも可能になるのです。まさに腹式呼吸は歌を歌うときに欠かすことのできないことです。この腹式呼吸のトレーニングの方法ですが、まず、背筋を伸ばしてゆっくりと鼻から息を吸い込みます。次に息を吸い込んだときの倍の時間をかけて息を口から吐き出していきます。息を吸い込むときにお腹を膨らませるようにします。そして吐くときはお腹がへこむようにします。普通、胸式呼吸を行っているときは息を吸ったときに胸が膨らみ、お腹はへこみます。そして吐くときにお腹が元に戻ります。この逆ができるように繰り返しトレーニングし、感覚を覚えます。この腹式呼吸が難しいと感じておられる方は、息を吸うことからではなく、吐くことから始めると感覚をつかみやすいです。息を吐いたときにお腹をへこませることにまず注意を集中します。そうすると次に息を吸ったときに自然とお腹が膨らむ呼吸ができるようになります。このトレーニングを1日に5回程度行うようにします。慣れてきたら回数を増やしていきます。最終的に20回程度行えるようにします。歌を歌うときにいまいちいい声が出ないと悩んでおられる方は少なくないはずです。そのような方はこの腹式呼吸のトレーニングを是非試してみてください。腹式呼吸は大きくてきれいな声を出すのに欠かすことのできないものです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s