ファルセットをも使って上手に歌うためのボイストレーニング入門

ボイストレーニングをしたことがありますか。
様々なテクニックについて教えてくれるスクールも沢山存在ありますが、歌好きにとっては普段から声にだして「レッスン」という、自宅であるいは友達と、あるいはカラオケボックスでボイトレ状態、といった例も多いかもしれませんね。

合唱ではあまり使わない、裏声を出して、それがソフトに響くようになってきたらしめたものです。
裏声も、裏声と地声のはざまのミックスボイスも、自由自在に操って、気に入った曲を歌えるようになることでしょう。

近頃では、裏声の魅力をいかに身につけるかが歌の上達と、密接な関わりを持つくらい、高音域のサビを有する楽曲が増えました。

ところで、裏声と一口にいっても、さまざまな段階の裏声があります。
色々なファルセットに共通しがちな特徴は、起声が弱いことと、喉の負担が少ないこと、そして、とにかく高みをめざす上がり調子の部分のノイジーさが、耳元に到達する際にはあたかもサビの部分のように良いイメージで聞かれる点です。
最も地声から遠い声質が、純粋なファルセットです。通常、ファルセットを使うことで、男性歌手の声でも、ソフトで女性の綺麗さをも醸す情緒を獲ます。
しかし、純粋なファルセットは、普通は地声のような芯を有さず、強さ、ハリなどに欠けます。そこを、ミックスボイスの地声部分が裏声の高さを楽々と維持しながらも張りと芯が補うことで、ポップスなどが構成され、通常の生活にないささやきの声が人の心を打つのです。

胸式呼吸は喉が喋りますが、これら裏声混じりの場合、それでは心が残ってしまう、という難しさがあるのが特徴ですが、そこを乗り越えるには、まず呼吸法とストレッチを徹底することで、呼吸のためのバネと、声帯を鍛えていくのがいい、といわれています。
ストレッチの部位は、胸部から下半身にかけての呼吸によって動く範囲を網羅するようにし、息を操作するほど筋肉を意識するようにしましょう。
声帯周辺や、共鳴させるボックスのような頭部ももちろん、筋肉を緩めるなどのストレッチをしておくのがいいでしょう。
地声ベースに裏声を混ぜていくか、裏声ベースに徐々に地声を入れていくか、という問題が生じますが、それは得意なほうを伸ばすのが結果的にはいいようです。
もちろん、地声だけ、裏声だけの練習もしっかりとしておくのが良く、最上の裏声と最上の地声を掛け合わせ、特別なあなただけの至上のささやきで歌詞を表現してみて下さい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s