音域をボイストレーニングで広げてみよう

細い声で鳥の鳴き声の様なボーカルが居たとします。その人は一体どうやってボイストレーニングを受けてそこまでの音域を広げて鳥の様な声を手に入れたのでしょうか。
楽器でいうと(クラリネット、チェロ、サックス、バイオリン、ホルン、アルトサックス、ギター、ピアノ、トロンボーン、チューバ、ベース、ティンパニ、オーボエ、テナーサックス、などどの楽器でも音域は存在します。)それぞれの音域があり、どのように練習しようともその範囲は全く変わることはありません。演奏者の技術で出せない音もありますが、楽器の音域は変化することはないでしょう。
しかし、声の音域は違います。ボイストレーニングでいくらでも伸ばす可能性があります。声の音域は音域を広げるトレーニングで伸ばせます。ここが声の最もメジャーな楽器の一番の持ち味でもありとても素晴らしい所です。特に高音域は発声練習によってより伸ばしやすくなるものです。今出せる音域が自分の声の限界だなんて絶対に思わないでください。音域を広げるためのボイストレーニング方法は存在します。

アーティストが音域が広く自分が狭いからかわからないと思う必要は全くありません。音域は広げ方を知ってしまうことで案外簡単にそして楽に広げることができます。正しいボイストレーニングをしているなら音域を意識しなくても広がったりしますから大丈夫です。低音域に関してボイストレーニングでもなかなか広げることが難しいと言われています。声の太さに関して言うと素人の場合は低音域は浅い響きしかしないことが多いからです。そういう意味では声を太く響きの良質なものにしていくボイストレーニングがいきます。音域調査を行なってみて今とボイストレーニング後の成長した声を比べるうと2から3オクターブ広がることもあります。思い切ってマライヤ・キャリーの様な音域を目指しても夢ではないでしょう。

ここで音域を広げるためのボイストレーニングを紹介します。
息をあえて多く含んだ声(裏声)でほーと発声します。音域を広げる為に練習をするので気をつけてほしい点があります。喉を痛めないようにすることです。この方法は無理がないのでオススメです。低音域から初めて1ずつキーを上げます。高くてこええが出せなくなるまでキーをを上げて行きましょう。意識は高い音域になるにつれて体の下の方から声を出すつもりで出します。毎日これを繰り返すことによって音域が広がって行きます。決して声帯が今よりも長く伸ばせるようになるトレーニングではなくもともと出せるはずの高音域を出せるような体の使い方を覚える方法だと思って音域のボイストレーニングを行いましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s