ストレッチが重要なボイストレーニング

ボイストレーニングを努力することによって、歌手のように歌唱を楽しめるようになったり、今持っている声よりも質の良い声を喉を傷みにくく出すことが出来るようになるでしょう。
もっと声を魅力的にしたい、上手に歌えるようになりたい、そう望まれる方は本当に多いので、歌手や役者さんのみならず幅広い世代のたくさんの方が取り組まれています。
多くの人から支持されているボイストレーニングですが、意外と体力が必要といったことは知られてはいません。
カラオケでは、機種によって消費カロリーが出るものがあります。
一曲ならばほんの少しですが積み重ねていけば意外と多いですし、歌をたくさん歌ったらお腹がすいたり疲れることもあります。
歌を歌うということは、ただ単に喉や舌を動かすのではなく、全身のパワーを必要とするものなのです。
歌を力強く、長い時間歌っても疲れにくくするためには、ぜひ運動などで体力をつけておくと良いでしょう。
かといって、身体を鍛えたり持久走をするといったことはなかなかしんどいことでもあるので、初心者でもすぐに取り組める方法として、ストレッチが挙げられます。
いくら筋肉があっても、こわばっていたり緊張しているなどの理由でなめらかに動かせない場合には意味がありません。
声を出す前に、ストレッチに取り組むことによって本来持っている身体の力を発揮することが出来ますし、脱力しやすくなるので、伸びのある聞いていて心地よい歌声を出しやすくなります。
ボイストレーニングにおいて、ガチガチに緊張しているといった状態や、全身が力んで動かしづらいといった状態は禁物です。
肩こりを抱えている場合でもストレッチによって少しは首や肩を動かしやすくなりますし、健康にも繋がります。
ストレッチをする時には息を吐きながらゆっくり行ってあげると、身体を傷めにくくなりおすすめです。
首や肩を動かしてまわしたりといったストレッチのみならず、舌を突き出したり上下に動かしたり、大きく口を開けて笑うなどのお顔のストレッチもぜひしておきましょう。
歌を歌う際には、表情筋と関連が深いものです。
お顔の表情は歌唱において表現力にも繋がりますし、繊細な感情などを声に乗せる際にも役立ちます。
そして、歌を歌うまえにはぜひ鼻腔の通りを良くしておきましょう。
小鼻を抑えて左の鼻の穴を閉じて、20回、軽く「フッ、フッ」と鼻息を吐きます。
次は右の鼻の穴を閉じて、同じく20回「フッ、フッ」とやさしく鼻息を吐きます。
これによって鼻腔の通りがよくなるので、共鳴効果を高めやすくなるので、ぜひ歌う前にストレッチとともに取り組んでおきたいエクササイズです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s