高い音を出すためのコツ

音域の広い歌を歌えると嬉しいものです。特に透き通った高音が無理なく出せると清々しい気持ちになります。
もちろん元から声の低い人もいれば高い声の人もいますが、トレーニングである程度までは音域を広げることができますし、
裏声を地声のように聞かせるテクニックもあります。
一応の目安はリップロール(唇をプルプル高速で振動させる)をする時に低音から始め高音へと移動していき、
もうこれ以上の高音は出せないというところまで行きます。
その高さは通常歌っている最高音よりも高いはずです。
その高さまでは出せる能力があるということですから、そこを目指して音域を広げていきましょう。

高い声を出す王道はまず呼吸法を徹底することです。
のどで無理をしても長続きはしません。
正しい呼吸法が徹底されれば地声そのものの音域も広がりますし、裏声を使うときにも弱弱しい裏声ではなくしっかりした広がりのある裏声が出せるようになります。
また地声と裏声の境を曖昧にすることができますので発声方法は違っても聞き手にはスムーズに低音から高音まで推移しているように聞かせることもできます。
しっかりと横隔膜を下げ、腹の底から声を出すことです。腹というよりも腰からと言ったほうがイメージしやすいかもしれません。
体に空気を入れる範囲を喉から肺、お腹、さらに横隔膜を下げて腰、足の付け根にまで広げると想像してみてください。
言葉で説明するのは難しいですが、実はこのような呼吸の仕方は無意識のうちにしていることがあります。
それは大きなあくびをする時です。あくびをする時は自然と喉からお腹の底までを1本の通り道にしてより多くの空気を体内に入れようとしています。
今度あくびが出たときには自分がどんな呼吸をしているかに意識を向けてみましょう。

しなやかで強い腹筋や背筋は無理のない発声には欠かせませんので、意識して鍛えるようにしましょう。
喉を緊張させるのではなく弛緩させ楽にします。
そして遠くの人に歌いかけるつもりで発声してみましょう。
この練習も毎日続けると徐々に音域は広がってきます。

裏声にはファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイスなどに分類されるものがあり、また男性と女性では裏声を使う用途と発声法も異なることから目的にあったものを習得する必要があるのですが、上に挙げたようなことはどれにも当てはまるものですから毎日の練習に取り入れてみましょう。
音域が広がるだけでなく、声の質を高め、より「聞かせる」歌が歌えるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s