華麗なオペラ歌手と現代のボーカルスクール

長い歴史とともに人々に愛されるオペラは、現代日本でも男女問わない根強い人気を誇っていて、音大やボ−カルスクールでオペラ歌手を目指したり、似たようなミュージカル劇の俳優を目指したりする人たちも多いようです。
日本では歌劇とも呼ばれるオペラは、音楽と劇によって構成された、舞台芸術の一種です。
イタリア語のオペラは、作品、仕事といった意味を持っていて、同じ意味合いだったラテン語に由来しています。歌唱が進めていく演劇であり、音楽的作品です。
ヘンデルも、モーツァルトも、オペラのために楽曲を提供しました。

ルネサンスが終息に向かおうとする16世紀の終わり頃、イタリアの花の都・フィレンツェにおいて、古代ギリシャ演劇を復興しようとするムーブメントが起き、アイスキュロスなどによる著名なギリシャ悲劇を模範とする、『歌うような台詞』を大胆に使用する演劇が考案されました。
このようにして、1597年に、オペラとして広く今に知られている最古の音楽的作品である、ペーリによる「ダフネ」がつくられました。
1600年以降には、同じくペーリの音楽的作品「エウリディーチェ」が作曲され、こちらは現存する最古のオペラ作品として現代人に広く知られています。

そういうわけで、あらゆるボーカリストの源泉なのが、この時期のペーリの楽曲に合わせて歌った人たちです。
初期ロマン派時代まで、オペラには、2つの歌唱様式がありました。
1つ目は、会話を表現する朗唱です。通常の文章朗読に近い抑揚で歌われます。
2つ目は、ソロで歌われるアリアと、複数人が歌う重唱と、大勢による合唱を総称する通常の歌唱です。
2つともに伴奏が伴われました。
つまり、現代のロックやJ−POPにおけるサビ系部分と、抑揚の少ないフレーズ・メロディー系部分のような区別がありました。

フランス革命直前の1778年に完成したイタリアのミラノにあるスカラ座は、最も有名なオペラのための場所です。ミックスボイスを含むロマンチシズムの甘美な発声法は、市民革命の波の中で現実主義のアクート発声へと移り変わっていくなど、時代により発声法には変化がみられたといいます。堂内いっぱいに響かせるための発声は、劇場中の人々に声を届かせなければ、という思いが原動力となっているに違いありません。

声楽レッスンは音楽大学でとは限らず、ボーカルスクールによっては、基礎的な発声や呼吸法だけでなく、楽曲に合わせた身体の動かし方も教えてもらえて、このような本場のオペラ、音楽作品の醍醐味を堪能できます。
興味があるのに音大に行けなかった、といった経験をお持ちの方は、諦めずに無料体験レッスン等を試して、自分に合ったインストラクターがいて取っ付き易いかどうかなどを見極めてみてはいかがでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s