ボイストレーニングの基本となる姿勢

カラオケで歌を数曲歌ったりすると声が枯れてしまう、思うように上手く歌えずに高音がとても苦しいなど、喉や声が思い通りに動かせないことを解決するにはどのような方法をとれば良いのでしょうか。
これらの原因は、正しい発声が出来ていないことが大きな理由の一つとして考えることが出来ます。
喉ばかりに負担がかかっている発声方法をしてしまっている場合には、喉が疲れやすく傷みやすくなったり、パワフルで聴き心地の良い声を出すことは不可能と言って良いでしょう。
このことを解消するために、ぜひ取り組んでおきたいものと言えばボイストレーニングです。
ボイストレーニングは歌手やアナウンサー以外の方も趣味や教養として多く取り組まれておりますし、声という実生活においても欠かせない存在のものを鍛えて質を向上させられるものなので、とても有用であり、将来においても役立つ場面が非常に多いものです。
ボイストレーニングはレッスンやスクールによって学ばれる方も多いですが、簡単な基礎や練習は自宅で行うことができます。
ボイストレーナーから学ぶような場合であっても、毎週一時間ほどのレッスンでは効果的な実力アップは見込みにくいので、いずれにしても自宅でのボイストレーニングはとても重要な存在でしょう。
歌に自信が無い場合でも、即効ではありませんが、ボイストレーニングを重ねていくうちに半年もすれば大幅な改善が見込めるケースがよくあります。
音痴であったり自分の声があまり好きではなくとも、あきらめずにボイストレーニングで正しい発声を身に着けて、より良い声や歌唱法を手に入れましょう。
まず、声を出すにあたっては姿勢を改善することから始まります。
猫背のまま歌っていたり、顎が上がっているままでは良い声を出すことは出来ません。
まずは背筋をしっかりと伸ばして、視顎を引いて無駄な力を抜くようにしましょう。
歌を歌ったり声を出すにあたっては、リラックスして筋肉や関節などが動きやすいようにしておくことが重要です。
首や肩を前後左右にまわすなどのストレッチや、簡単なラジオ体操のような運動をしておくことによって、身体のこわばりがほぐれやすくなります。
首や肩など上半身の力みはボイストレーニングにあたっては大敵なので、普段から定期的にマッサージやストレッチなどによって緊張を和らげておくと安心です。
ストレッチで力みを取り、背筋を伸ばしたら、視線にも気をつけましょう。
目を開き、前を向いて、視線は下に向けず真っ直ぐ遠くを見るようにすると、伸びのある良い声を出しやすくなります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s