音域を広げるための練習方法とは

ボイストレーニングをする目的として音域を広げたい、という場合は高音と低音どちらも出すことができる必要があります。
特に高音を出すのに苦労するのではないでしょうか。両方の音域を出せるようになって、音域が広げられるように説明します。

まず高音を出すのがなぜ難しいのでしょうか。声変わりをすることで今まで出してきた声が出せなくなってしまうからです。
しかし声変わりが終わっているなら必ず高い音を出す事はできます。

練習方法は常に高い音を出すようにすることです。歌でも発声練習でも良いので、自分が出せる高い音を発生し続けてください。
繰り返し行っていくうちに出せるようになります。ここでポイントなのは継続的に続ける事です。
なるべく毎日、10分でも良いので高い音を発生する練習を行ってください。
ボイストレーニング教室に通っている場合などは間隔があいてしまうため、結果的に効果が薄くなってしまいます。

一人カラオケなんかがお勧めでしょう。発声練習は大きな声で歌うのが一番です。自由に楽しく歌えるというのもメリットです。
喉を高い音が出せるように訓練している、鍛えている事を意識しながら歌ってください。喉を痛めるまで歌いすぎないようにご注意下さい。

歌うとき、発声練習をする時のポイントは姿勢とイメージです。
やや上方向を向いて、遠くにいる人に向かって声を届けるように声を出してください。叫ぶように声は出してはいけません。
お腹から声を出しているのを意識しながら発声しましょう。声も大きく出せるようになれますのでこのイメージを忘れないで下さい。

姿勢は上を向きすぎて反り返り過ぎないようにしてください。あごをひいて、やや胸をはるイメージが理想的です。
腹式呼吸を意識しながら行ってください。高い音や大きな音を出す時に喉で出しすぎると痛めてしまいます。風邪をひいたかのような感覚になるでしょう。
鼻で息を吸ってお腹を膨らませて、口で息を吐いてお腹に溜まった空気を吐ききるかのように出してください。
これが習慣化すると実際に歌うときに、自然と腹式呼吸を基盤とした発声ができるようになります。

声を低く出したい場合も腹式呼吸を覚えておく必要があります。低音は喉を大きく使うので吐く息を多く必要とします。
高音と違って胸辺りから声を出すイメージで発声すれば厚みある声が出ることでしょう。

高音、低音両方を出せるようになる事で色んな歌を歌うこともできるし、物真似なんかも上手になるでしょう。
音域を広げる事で声のレパートリーを増やしていってください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s