ボイストレーニングでビブラートを身につける

「歌が巧くなりたい」と考えている人にぜひ身につけてもらいたいのが「ビブラート」です。
ビブラートは、歌うときに声を震わせる技術のこと。
よく、歌手が歌の余韻を残すように語尾を震わせて歌うことがありますよね。あれがビブラートです。
ビブラートがあるだけで歌はとても美しく聞こえますし、何より上手に聞こえるというメリットもあるので、「歌を上達させたい」という人の多くがこのビブラート取得を目指します。
しかし、ビブラートは簡単にできるものではありません。
美しくビブラートを表現できる様になるには、やはりボイストレーニングが必要になります。

▼ビブラートは腹式呼吸で行う
まず確認しておきたいのが、ビブラートというのは「喉で行うもの」ではなく「腹式呼吸を利用して行うもの」ということです。
腹式呼吸がしっかりとできていると、自然にビブラートができる様になるので、まずは腹式呼吸を身につけなければなりません。
なぜ喉でビブラートができないのか、それは喉で歌うと息を十分にためておくことができませんので、どうしても息が足りなくなります。
この為、なるべくたくさんの息をためて歌うことができる腹式呼吸を身につける必要がある、ということなのですね。

▼ビブラートを身につける
ビブラートの練習方法にはいくつかありますが、まずオススメしたいのが「歌手が行っているビブラートを真似る」とい方法。
まずは喉からでもいいので、歌い方を真似して声を出してみて下さい。
例えば、歌手がビブラートで「あああああああ〜」と歌っていたら、それを真似して歌ってみる。
おそらく、最初は息が続かないか、途中で喉が痛くなるでしょう。
しかし、それを繰り返していくうちに、だんだんとからだが「どこをどう使えばビブラートが出せるか」を学んでいきます。
「もっと長く尾を引くように歌いたい」と思って歌っていると、自然にお腹に力が入り、お腹から声を出そうとする様になるはず。
これが、腹式呼吸を使ったビブラートにつながります。まずは、何事もコツを身につけることが大事です。

こうしてビブラートが身についてくると、今度は自分が好きなビブラートに発展させることができます。
力強いビブラートから、優しく柔らかいビブラートまで、ビブラートには色々な技術があります。歌に合わせて、自分なりの表現ができる様に練習していきましょう。
前述の様に、ビブラートの基本は腹式呼吸ですので、腹筋などのトレーニングをしてみることも、上達につながるでしょう。
簡単な技術ではありませんが、練習をつめば必ずできる様になりますので、レッスンをしてみて下さい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s