良い声を出すための「正しい、立ち方」とは?

姿勢は、良い声を出すために重要な要素の一つです。

歌手や、舞台俳優さんなどで、猫背の人を思い出すことができるでしょうか?
プロとして活躍されている方々は、みなさん背筋が伸びた良い姿勢をなさっているのが分かることと思います。

猫背になると、肺や腹腔が圧迫されて空気を送り込める量が少なくなってしまいます。

声を出す要素の一つである「息」は、姿勢が悪くては十分な量を確保することができません。
ですから、背筋を伸ばした姿勢は、声量のある声を出すのにとても大切である、ということは言えると思います。

基本的に、歌唱や発声のために良いといわれる姿勢は、

・両足を肩幅程度に開いて、つま先はほんの少し外向けにして、ひざを伸ばして立つ
・背筋は伸ばし、お腹を気持ち前に出すような感じで重心は、やや、うしろ
・頭のてっぺんから、上に吊り上げられているようなイメージ

などと言われます。
声を出すときは、あごは少々上げ気味にするように指導される先生もいらっしゃいます。

声は、お腹から、体の中心をとおって、頭のてっぺんから抜けるイメージで出す、というのがクラッシックなどでよく言われる発声です。
息は口から出ていくけれど、声は上から抜けていくような感覚で発声する、と言われるとなんだか、難しいような感じがしますね。
しかし、このようなイメージで行う発声が、喉の奥から体の内部でよく響いて出る声なのだそうです。

声は、体の中の空洞を反響して外部へと出ていきます。
言ってみれば、スピーカーの箱に当たる、反響箱の役割を体内の空洞部分が果たしているわけです。
日本人を含むアジア人は、生来、腹腔、胸郭が欧米人と比べると小ぶりなので、その点は不利だという意見もあります。
背の低い人より、高い人のほうが、痩せた人より、太った人のほうが、有利な一面はあるかもしれません。

しかし、たとえ体格的には発声に適した、恵まれた体を生まれ持っていたとしても、前述のように、猫背のまま声を出そうとすると、肺や、腹腔などの肝心の部分が内臓に圧迫されて狭まってしまいます。
呼吸のための横隔膜や胸郭の可動範囲も小さくなり、大きな声を出すのに足るだけの空気を吸い込むことも難しくなります。

この状態では、たとえトレーニングされた人であっても、十分な発声をすることはできなくなってしまいます。

正しい姿勢は、体の中に、声を反響させる十分なスペースをあけるとともに、声を出すための原動力となる筋肉の運動や、呼吸の量を十分確保できる姿勢であるとも言えるでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s