ボイストレーニングの手順

 ボイストレーニングは呼吸方法の改正、発声、喉のケアの順にしていく必要があります。
 呼吸法の改正とは、呼吸の仕方を歌うのにふさわしいものに変更することです。そのふさわしい呼吸の仕方は腹式呼吸法です。一般に、呼吸には二種類の方法があります。一つは、胸式呼吸です。これは肺の上部で息を出し入れするため、外からは肩で呼吸しているように見えます。マラソンや水泳をした後などが良い例です。肩が上下していると思います。二つ目が腹式呼吸です。この呼吸方法は肺をいっぱいに使うことで、肺の下にある横隔膜を運動させ、内蔵が押し出されることでお腹が膨らんで見えます。眠っているときは知らぬうちに腹式呼吸をしています。では、腹式呼吸を習得しましょう。まず、へそから指2、3本分下のところに手をあてます。息を吸ったら、そこが膨らみ、息を吐いたら、そこがへこむことを確認しましょう。一度、空気を大きく吸い込み、全て吐ききる気持ちで息を吐いて下さい。この際、あまり大きく吸い込みすぎると胸式呼吸になってしまう可能性がありますので、空気は腹八分目を目安に吸い込みましょう。お腹が膨らんだり、へこんだりして、かつ肩が上下していないようなら、しっかりと腹式呼吸ができています。
 次に、発声の練習です。よく、声は喉から出ていると言いますが、これは大まかに言ったらのことです。声は声帯を震わせることにより出ています。ボイストレーニングでは声帯を自分でコントロールしながら発声していくことを目標にします。まず、声を出してみましょう。「ハー」と「アー」と発声してときには、どちらが喉が震えて感じますか。おそらく「アー」の方であると思います。「ハー」の時は声帯が開いており、喉を空気が難なく通過していけるため、すっきりとした感じです。一方、「アー」の場合は声帯が閉じており、喉を空気が通過しにくくなるため、声帯のあたった空気が喉を震わせます。声帯が振動することにより声は人の耳に聞こえますが、声帯の振動だけで出した声は非常に弱々しいです。そこで、共鳴を考えます。口腔、鼻腔等を開いて空気の出ていく道を大きくしていきます。この時、声帯を抜けてきた空気はさらに鼻腔などにぶつかることで、新たな振動数を持ち、その振動数と同じ音と共鳴します。
 最後に、喉のケアについてです。当然、無理なボイストレーニングを続けていると、喉に無理がいってしまいます。普段から、湿度を適切にし、ホコリなどが目立たない清潔な所で練習しましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s