地声と裏声のボイストレーニングにて

日本においてはおおまかな声の種類があり、地声と裏声に分かれます。声の専門過程にしてみれば少々曖昧な分け方になりますが、これによって説明することが容易になります。ミックスボイスは地声と裏声を混ぜて中間の声であり、裏声のように高い声を容易に出すことができます。楽に出すことができ、地声と同様、芯や張りがあります。

しかしながら、ミックスボイスを特別扱いするものではなく、しっかりとした基礎を学んでいくと高い声域のミックスボイスの発声になるのが当たり前です。どのようなジャンルの音楽でも同じで、クラシックもジャズもロックンロールも、上手な人の高い声域には裏声が混ざっています。ミックスボイスは歴史的にも前前からありました。

ミックスボイスを手に入れようとするなら、第一にエクササイズによって、息や声帯の弾力を高めていく必要があります。体勢を整えなければなりません。体勢を整えるのは、声帯に関係する呼吸、咽頭、頭部、各所を鍛えていきます。

ミックスボイスの構成要素である地声と裏声も、基礎のボイストレーニングによって一歩上の声帯を得られるようにしましょう。良い構成要素を合わせることで、良い声が出来あがります。それぞれが最良であるなら、最良のミックスボイスになります。逆に良くない声の出し方をしているとミックスすることが困難で、かりに出来たとしても滑らかさが欠如してしまいます。

ボイストレーニング時には、どちらの声をベースにしてもかまいません。地声をベースに裏声を混ぜるても、裏声をベースに地声を混ぜてもよいです。一方のみをトレーニングしても問題ありません。また、ベースから混ぜるのではなくて、直接ミックスボイスを発声することに的を絞る方法もあります。地声から始めるなら、少し低音から半音ごとに上げていくとやりやすいでしょう。当初はウォームアップの練習方法です。

裏声をベースにするときのコツとしては、裏声には2種類あるという認識です。段階があり、地声から最も遠いのがフォルセットという声で、美しい響きをしています。

2つめはロックやソウルで用いられる高音です。このジャンルでの裏声は、1つめとはまるで異なる音質です。

裏声を上達させるには、その声をどんどん使っていくことです。しかし、裏声は案外喉を使ってするため、練習は15分程度までにしておきます。少量のボリュームから開始して、十分な準備をしていくことが大切です。準備が終わっても、無理をして音量を上げるなどせず、練習をしながら慣れてきたら 強めに声を出してみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s