ボイストレーニングにゴールはありません

ボイストレーニングというのは、発声法のトレーニングです。人が10人いれば、それぞれが顔つき・体格・声色・声質が違います。個々に合ったトレーニングが必要です。豊かな声量は、鍛えられた身体から発せられるというのは、医学的根拠はなくても実例がおおくあります。シンガーソングライターのさん長淵剛さんは、自宅にトレーニングジムを持ち、毎日2時間の筋トレを欠かさないのです。それでないと、あの声量でもって2時間以上に及ぶコンサートを実演できないとインタービューでおっしゃていました。しかし、ボイストレーニングを始めようかとか、初心者にそんなことをオーダーしても1週間どころか30分で終わってしまいます。初心者・入門者には、それなりにやり方があります。
ボイスとレーニングは、ピアノの音に合わせて声をだすだけではありませんし、それはある程度、喉や下の使い方をマスターしてからでも遅くありません。難しく考えないで、声を出す練習と考え発声全般についての練習と意識することです。そこで、呼吸法や筋力の鍛錬も必要となってくるのです。
ボイストレーニングにゴールはありません。上手に歌える、人の心の響くを声をだしたい、という望みを満たすための道具の一つに過ぎないからです。ボイストレーニングは、一人でも自宅でも行えることが多くあります。教室に通うのが週に1回でも問題はありません。毎日、判然とボイストレーニングに通うことより、次の教室に通う日までに自分なりに課題をこなし、問題意識をもって毎日10分でも行うことの方が遥かに有意義です。
ボイストレーニングを習うなり、教室に通うなりすると最初に言われるのは腹式呼吸の習得です。目には見えない、横隔膜を使っての呼吸法です。首や手足のように意識しても、言うことを聞いてくれない部位です。練習法ですが、実は簡単な方法があります。実際に、人は知らず知らずの中に腹式呼吸をしているのです。それは、重い物を持ち上げるときです。簡単に持ち上げられないものを持とうとするときに、人はお腹に力をいれて「どっこいしょ」、「うんしょ」、「エイヤー」等と掛け声とともに持ち上げます。このときは、腹式呼吸をしています。これを意識的に行えればいいのです。この時に注意するのは、腰を痛めないように膝を折って、しっかりと踏ん張って持ち上げることです。また、無理して重い物をもちあげようとして腰を痛めないことです。次に、持ち上げながら声を出します。無理して最初から大きな声を出す必要はありませんし、絞り出すような声も必要ありません。もし、喉に痛みを少しでも感じたら止めてください。喉をつぶしたら元も子もありません。徐々に大きな声を出すようにしていきます。個々の体質にもよりますが、1か月ほどで意識しないで、腹式呼吸による発生を行えるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s