ミックスボイスの基礎知識と練習について

ボイストレーニングを習っていると、高い声を出すことの難しさに気付かされるものです。
高い音を出そうと思うと、喉が引っ張られるような感覚を覚えたり、声の大きさがガクンと下がったりと、違和感を感じられる人が増えます。
高音を克服するためには、ミックスボイスの習得が必要不可欠です。
ミックスボイスは、裏声の一種です。
地声と裏声が混ざり合った声ということから、一般的にミックスボイスやミドルボイスなどと言われています。
ミックスボイスは、多くの歌手に利用されています。
高音が魅力の男性歌手の曲のサビなどで、多用されていることが多いです。
声楽的なオペラやクラシックだけでなく、普段からなじみ深いJ-POPやロックなどでも使われているので、無意識のうちに耳にしている人がほとんどでしょう。
音が高いのに声量が維持できており声質に変化が無いということで、一見地声のように聞こえますが、実はそれは地声ではなくミックスボイスです。
ミックスボイスを習得すると、まるで地声並みのパワフルな声をキープしたまま、裏声の声域を歌いこなすことが出来ます。
一気に歌える音域が増えますので、歌唱力アップに大きく役立つことでしょう。
しかし、地声で高音を出すことが出来る方などは、ミックスボイスの習得が必要ないとお感じではないでしょうか。
地声を無理して張り上げなくなることによって、喉に負担をかけにくくなりますし、高音が綺麗に歌えるというメリットがあるので、地声に自信がある方もミックスボイスの習得がおすすめです。
ミックスボイスで出せる音域は地声と比べるとものすごく広いですし、女性歌手の曲をキーを変えずに歌うといったことも練習によっては不可能では無くなります。
そこで、いよいよミックスボイスを練習してみましょう。
ミックスボイスは、地声では無く、裏声の一種なので、まず裏声を出せるスキルを身に付けることから始まります。
裏声は、普段の生活で使っている話し声よりも高いので、高い声をやさしく出してみましょう。
「ホー」と叫んでみたり、アニメのキャラクターなどの声真似をするとわかりやすいかもしれません。
裏声は、練習によってどんどんと力強くすることが出来ます。
裏声をだいたい出せるようになったら、今度は声帯を閉鎖しながら声を出してみます。
声帯閉鎖といいますと、実感がわきにくいですが、呼吸に関連深いです。
息を吐いて、そこから息を止めた状態を維持するとイメージしやすくなります。
息を吐いているときは、声帯が開いていますが、息を止めているときには声帯が閉じている状態です。
喉の奥らへんに意識を注ぎ、イメージをふくらませると声帯が動いていることがわかりやすいです。
息を止めた状態で、声を出してみると、ミックスボイスの感覚をつかみやすいです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s