腹式呼吸の練習法と歌う時のちょっとしたコツ

歌をしっかりと声を出しながら歌うためには、腹式呼吸をすることが求められます。
胸式呼吸は歌を歌うためには向いていないので、お腹の筋肉をしっかり使う、腹式呼吸に取り組みましょう。
腹式呼吸のメリットとして、声量のアップ以外にもたくさんのことがあります。
代表的なものとして、息継ぎの感覚を伸ばすことが出来るので、歌に安定感が生まれるといったことや、高音を出しやすくなるといったことが挙げられます。
自宅で出来る腹式呼吸の練習として、息を5秒間かけてゆっくりと少しずつ吐いた後、いつも通りの呼吸を5秒間して、また息をゆっくりと5秒間かけて吐くことを20回繰り返すといったものがあります。
慣れてくると、5秒を10秒に増やしたり、15秒に増やすことも可能になってくるでしょう。
ただの呼吸のように思われますが、腹式呼吸の効果的な練習ですし、これが意外と歌に役立つのです。
ほんの少しの合間に、声や音を出さずに立派なボイストレーニングが出来るので、とてもおすすめです。
また、歌う前には深呼吸をすることもおすすめです。
ボイストレーニングのために効果的な深呼吸として、めいっぱい鼻から息を吸い込んだあとに、少しずつ吐いていくといったものがあります。
これは腹式呼吸の訓練だけでなく、肺活量の増加につながる練習です。
息を吸い込むときに、空気を入れる場所としては、おへその下のあたりが良いとされています。
より実感がわきやすい方法として、何か重たい荷物を持ち上げる時をイメージしてください。
重いものを持つときなど、「よっこらしょ」となる時には、自然と腹式呼吸になっていることが多いのです。
また、寝っころがってお腹に手を当ててみると、わかりやすいかもしれません。
息を吸い込んでみて、お腹がふくらんでいたら正解です。
この息を思いっきり吸い込んだあとに、じっくり吐き出すという練習は、特別秒数を意識したりせず、マイペースに楽しむと良いでしょう。
このトレーニングも、音や声を出さなくて良いので自宅で出来るものですし、毎日少しの時間で取り組むことが出来るでしょう。
腹式呼吸というものは、歌において非常に重要なので、毎日練習することが望ましいです。

ところで、歌う時にはどこへ向かって歌えばよいのかわからないといった、疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
歌を歌うときにはマイクを使いますので、マイクに意識を注ぎ過ぎる人が意外と多いです。
マイクまで声が届けばいいや、ではなく、遠くの人に向かって歌うようにイメージを膨らませましょう。
声を遠くまで響かせるようなイメージで、のびやかに歌うことが大切です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s