ボイストレーニングにはインナーマッスルが大切です。

ボイストレーニングと言うと、声の専門家がするものと言うイメージが強いです。
歌手、声優、俳優、アナウンサーのように声を出す事、話す事を仕事としている人のためのトレーニングだと思われています。
しかし、現在ではボイストレーニングをする人は様々な業界に拡がっています。
一般的な企業に勤めている人もボイストレーニングをするようになっているのです。
例えば、プレゼンをするような仕事をしている人にとってもボイストレーニングは必要なものとなっています。
声がよく通ると言う事は、それだけで説得力が出てきます。
ボソボソと何を言ってるのか分からない声で話すよりも、お腹の底から湧き出るような声の方が説得力が出てくるのです。
そのため、一般的な企業に勤めている人もボイストレーニングをするようになっています。
また、企業に勤める人だけでもありません。
学生にとっても必要なものと言えます。
学生が社会人になるためには、就職活動をします。
その時面接をする事になるのですが、その面接においてもしっかりとした声で話すと言う事は印象に残るものです。
しっかりとボイストレーニングをした声で話せば、それだけ面接官の印象にも残り面接が成功する可能性も高くなるのです。

このように、ボイストレーニングは声の専門家だけのものではなく、社会人、学生へと拡がりを見せています。

では、ボイストレーニングをする上で何が重要になるのでしょうか。
まず重要になるものは、インナーマッスルを鍛えると言う事です。
声量を上げるためには、このインナーマッスルが重要となります。
声と言うのは、お腹から出した方がしっかりとしたよく通る声になります。
そのような声を出すためには、腹筋のインナーマッスルを鍛える必要があるのです。
腹筋のインナーマッスルを鍛える事によって、お腹を上手に使う事が出来、その結果としてしっかりとしたよく通る声を出せるようになります。
これは自宅でも鍛える事が出来ます。ボイストレーニングをする上ではレッスンに通うと言う事も必要になりますが、自宅で出来るものは自宅ですると効率よいです。
ですから、一番大切であるインナーマッスルは自宅でも気軽に鍛える事が出来るので本格的にボイストレーニングをすると言う前に鍛えておくと良いのです。
鍛え方は、基本的には腹筋運動をする事になります。
しかし、表面の筋肉ではなくお腹の中に力が入っている事を確認しながら腹筋運動をする事によってインナーマッスルが鍛えられますので、お腹の中に力を入れる事を意識しながらしましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s