自分で出来る簡単なボイストレーニング

●ボイストレーニングとは?
ボイストレーニングとは、歌手だけではなく、アナウンサーや役者など、
声を出す様々な職業の方が日々行っている、声を出す為の基本的なトレーニングです。

自宅で出来る簡単なボイストレーニング法と、
気をつけたい事柄などをご紹介します。
発声する前には、必ず柔軟運動などをして、
しっかりと体をほぐしておいてください。

●腹式呼吸について
腹式呼吸とは、良い発声をする為に必要な呼吸法です。
これが出来ていないと、無理な発声のために喉を痛めてしまうので、
良い声を出す為に、腹式呼吸を意識して声を出しましょう。

腹式呼吸は、特別難しいものではなく、
普段私たちが深い睡眠に入った時に、自然に行っている呼吸法です。

●腹式呼吸法
まず、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
この時、胸ではなく、お腹が膨らんでいることを確認してください。
少し息を止めてから、
ゆっくりと口から息を吐き出します。
お腹がへこみ、横隔膜が押し上げられる感覚が確認できたら、
きちんと腹式で呼吸できている証拠です。
分かりにくい時は、仰向けに寝転がり、お腹に手を当てて呼吸してみましょう。

●声を出す時の理想的な姿勢
足を肩幅程度に開けて、
頭から持ち上げられているようなイメージで、真っ直ぐに立ちます。
この時、胸を張りすぎたり、顎を引き過ぎないように注意してください。

●基本的な発声練習
姿勢や腹式呼吸が理解できたら、声を出してみましょう。
ただ、いきなり本気で声を出すと、喉を痛めますので、
最初は小さく、だんだん大きな声で発声をしてください。

息を吸い込んだら、
「アー」と息が続く限り発声してみましょう。
だんだん小さくならないように、
同じ太さと大きさの声で発声しましょう。
慣れてきたら、50音全部発声してみましょう。

次に、
「ア、ア、ア、ア、」
というように、短い発声をしてみましょう。
この時、スタッカートをつけて発声する度に、
横隔膜が上下していることを確認してください。
こちらも慣れてきたら、50音発音してみましょう。

●スタミナをつけるために
普通の発声に慣れてきたら、
スタミナをつけるために、ジャンプしながら短い発声をしてみましょう。
なかなかハードですが、声を出し続ける為のスタミナをつけるのに効果的なトレーニング法になります。

これを日々繰り返すことで、
魅力的な声に近づけることができます。
かつぜつ良く大きな声を出すことにより、
明るい印象を与えられるので、日常でも役立たせることが出来ます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s