ボイストレーニングを始めてみましょう

歌が好きという方は、当然「歌がうまくなりたい」と思っていることでしょう。歌のうまい人というのは、天性の才能を持っているように感じられるものですが、才能や素質は関係するものの、もっとも大きく影響するのはトレーニングといっても過言ではありません。うまく声を出すということは喉を傷めずに済むということでもあります。実際、素質のみで発声を行っていたようなプロの歌い手が、ある時点から限界を感じ、ボイストレーニングによって改善を行ったおかげで、喉をつぶさずに済んだ、といったケースは非常に多いです。

それは趣味で歌を歌う方にとっても同じです。楽に良い声を出せるようになれば、歌を歌う楽しみは広がりますし、普段の話し声にも自然とよい影響がでてきます。声でアピールする場面というのは、歌を歌う他でも意外と多いもの。ボイストレーニングは、人前で話すことが苦手な方の鍛錬にも効果があります。また、立った状態で腹筋を使って発声するので、ダイエットや運動不足解消の効果も。表情も明るくなる方が多いです。

さて、ボイストレーニングを効果的に行うには、やはりプロのレッスンに通うのが1番です。とはいえ「レッスンに通う時間がない」「いきなり1vs1のレッスンはちょっと」と思っている方も多いと思います。まずは自宅でできる簡単なボイトレに挑戦し、効果に納得できたら、レッスンに体験に行ってみる、といった順序をふむのもいいのではないでしょうか。

自宅でのボイトレは、「正しい姿勢でハミングを行う」から始めるのが基本です。姿勢でよくありがちな間違いは、顎があがりすぎてしまうことと、目線が一定しないことです。この2つは、歌っている間気づかないうちにフラフラしていることも多いので、録画でチェックするのもおすすめです。ハミングは、口を開かず、声を鼻に抜くようにして歌う歌唱法をいいますが、普段喉を使って歌っている人は、意外とハミングができなかったりします。ハミングは腹式呼吸で歌うということを身につけるのに最適な方法ですから、欠かさないようにしたいものです。

ハミングがうまくできない時には、腹筋が不足しているかもしれません。腹式呼吸を行うために必要な腹筋を空いた時間でトレーニングしておきましょう。腹筋を鍛える簡単な方法は、椅子に坐骨をつきさすようにして背筋をのばしてすわり、おへそを中心に片手の手のひらをあてたら、背骨のラインを崩さないように息を吐きながら、その手のひらが背骨に近づくようにお腹を凹ませていきます。息を吸うときにはお腹をゆるめてかまいませんが、背骨が一緒にゆるまないように注意しましょう。吸うのも吐くのも、ゆっくり3秒以上かけて行うようにします。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s