上手く歌える為にする初心者ボイストレーニング

ボイストレーニングを始めて見たいという方は
プロになる為という方はもちろん多いですが、カラオケをちょっと上手く歌えるようになりたいので、無理なく訓練してみたい、今より少しだけでいいから声を上手く出してみたいという方は多いです。

打ち上げや飲み会で、ブームが去ったとはいえ、カラオケは身近な存在にかわりないですから、行く機会も多いでしょうし、ちょっとだけ上手く歌えたり、声を出す事に自信がつけば、場が楽しくなり、周りが楽しむようにする余裕が出てきます。

ボイストレーニングというものを難しく捉えず気楽に訓練する方法は沢山あるので、肩の力を抜いてトレーニングしましょう。

ボイストレーニングは呼吸が基本になります、呼吸をコントロールし喉で声を作るというより、呼吸を無駄なく声に変えていく感じです。

歌を歌う時は、腹式呼吸でお腹から声を出せという表現がありますが、いまいち解りにくいと思います、特に専門家の話を聞く程余計にややこしくなったりしますが、あれはお腹から出すというよりも、肺に沢山空気を入れて息を作る事です。

胸で息をすると、肩が上下します、これは肺にあまり空気が入って無い状態なので、息の量が少なく声に変えるには非効率的です。

人間は意識しないと、空気が入る肺というものが小さく感じているみたいで、実は肺というのは肋骨全体分位ある巨大なものです、上は鎖骨の下くらいから、下はミゾオチ辺りまで広範囲で、この肺全体に空気をいれるようとすると、内臓が下に下がる感じになり、お腹が膨らみます。

この肺の大きさを意識すると言うのがとても重要になりますが、この肺を一杯使って呼吸する事自体、体中に酸素を巡らせて健康にも非常によく、姿勢までよくなるとされてます、猫背治療でも呼吸は大切で、根本は呼吸が浅い人が多く、大抵胸式呼吸で腹式になっていません。

歌を歌う時は呼吸と姿勢はとても大切ですから、この肺を使った腹式呼吸を行えるようになるのが、ボイストレーニングの初歩です。

腹式呼吸には周辺の筋肉を使うので、筋トレで作る筋肉ではなく、内部筋肉は呼吸で鍛える事が出来、ボイストレーニングでその筋肉を鍛えれば、より声が出やすくなります。

トレーニングとしては、自分の出しやすい音程にし、どれ位長く声が出せるか?音量調節したり、最初と最後で音量が変わる事が無い様にしましょう。

この時、声は喉で出さず、深い呼吸でお腹から出す様に意識します。
最初は10秒位で短くてもOKです、しっかりと出す事を続けて練習していけば、無理なく長く安定した
声が出せるようになっていきます。

小さい声から徐々に大きく、逆に小さくを繰り返してみます、少しづつ音量変化の時間を長くしていきます。

慣れない間はトレーニングしすぎて喉を痛めてしまうので、最初は10分位でも良いので、呼吸を声に変える感覚を掴んでいきましょう。

必ず歌でも話声でも声が出やすくなっていきます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s