歌を上手に歌うなら声を大きく、高い声を出して

歌を上手く歌うためのポイントはどういったものでしょうか?
声を大きくしたり、高い音を出す時に声が裏返ってしまわないことで歌を上手く歌うことができます。
ではその2点をどうやったらできるのかを説明します。

まず声を大きく出す方法とは、喉を使って声を出すのではありません。
お腹から声を出して発声します。いわゆる腹式呼吸で吐くタイミングで声を出すように意識します。

まず腹式呼吸を身につける必要があります。
息は肺から出すものであって、お腹から吐くというイメージがイマイチつかめないかもしれません。
寝ている時やあくびをしている時にお腹が膨らんでいるのを感じたことはないでしょうか?
あれが実は腹式呼吸になっています。あの状態で歌を歌えばさぞかし良い声が出るに違いありません。
息を吐く時はため息をつくのをイメージしてください。それが深く息を吐ききる良い例になります。
ただしあまり吐き方に落ち込みがあると、気持ちも沈んでしまうのでご注意を(笑)
これを1日に数回繰り返していくことで、腹式呼吸を習慣付けましょう。
すると自然と歌を歌うときにも腹式呼吸が作用して、自然とお腹から声が出るようになります。

お腹から声を出すように意識してください。
喉で叫ぶように声を出すと喉に負担がかかるし、声の通りが悪いガミ声になってしまいます。
この腹式呼吸法は別名、丹田呼吸法とも呼ばれており、リラックス効果や脳の活性化につながるなどメリットが多くあります。
オーディションやコンサート発表前で緊張している時に、この呼吸法で過ごすようにすれば、かなり落ち着く事ができます。

次に声を高く発生するときに声が裏返ってしまわないための方法です。
まずこれは姿勢を直すことから始まります。腰をピンと伸ばして胸を上に張り、あごを引いてください。
その姿勢をキープしながら何度か高いパート部分を歌ってみてください。やや天井に向かって歌うようにすると声の通りが良くなります。
すると声が裏返る事が少なくなります。うつむいたり、腰が曲がっていると声が上手く外に出てくれないのが、裏返る原因です。
自分では裏返っているのかが分かりにくいので、誰かに聞いてもらうか自分で録音したのを聞いて確認するようにしてください。

今回2点の方法を紹介しましたが、これらをただ覚えておくだけでは意味がありません。これらを自分でキチンと実践してください。
繰り返し何度も歌って実践することが大事です。今回紹介した方法を意識しながら、何度も歌えば必ず上手く歌えることができます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s