ボイストレーニングでビブラートを少し出来る人の練習法

歌が習いたいから大体の方はボイストレーニングに行くのだと思うのですが、少し出来る人も中には多いのではないかと思います。そういった方にオススメなのは少しかけれるビブラートのコントロールの仕方のボイストレーニングです。これはスクールでも教わることですが自宅でも充分練習が可能なことなので是非、実践してビブラートを自由自在に出来るようになってほしいです。

ビブラートがかけれる人は他の人よりもポテンシャルが高いのか練習が実を結んだ人だと言えますね。そこでワンランクアップした練習になります。ビブラートは自分でかけるかかけないかとコントロール出来るものなのですが操るには体や喉の使い方を知らないとできません。うまくビブラートがかからないのです。
そしてビブラートにも種類がたくさんあります。例えばビブラートも歌い手によってさまざまです。ある歌手はビブラートのスピードが少し早い時があります。ビブラートが早い場合は少し神経質で興奮気味に聞こえたりします。それは曲によって使い分ける事が出来るのであれば激しさ力強さを感じさせたい曲に合わせて使うことでより臨場感のある印象を与えることができます。

ビブラートで2種類を使い分ける練習をしてみましょう。音量でビブラートをかける方法と音程を買えるビブラートの2種類です。
歌の音量を使いビブラートをかけるボイストレーニングは練習の時に歌ではなく1音を長く伸ばす事を心掛けましょう。
ビブラートというより音を大きくしたり小さくしたりという練習になります。この上下運動を少しずつ感覚狭くして行くことで歌のビブラートになって行くのでしっかりと勉強してみて根気よくしてみてください。
続いては音程のビブラートです。音程の波状を揺らすビブラートになります。
歌で声をキープしていると音程は自然に上下高低に動くものです。上手く発声のボイストレーニングができていてビブラートがしっかり利くのであれば勝手に大体声の波というのは1秒間に6回上下します。正しいビブラートは毎秒6回揺れます。これは重要なことなのでしっかり覚えて置いてください。
ビブラートは早すぎることも遅すぎることもあまり好ましくないと言うことですね。

この1秒間6回のビブラートの声をうまく習得して歌うことが出来れば、皆さんからやり方を教えてほしいや、すごいと思われる様なボーカルになれると思います。
少しスキルアップした練習で他の友達などに差をつけてみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s