歌が苦手な人にもボイストレーニング

歌が苦手と言う人も多いかと思いますが、その原因はいくつか考えられます。
音程が合わない、高音や低音が出ない、声量が足りない、リズムが合わない等色々考えられます。

そんな人の為に、ボイストレーニングをしてみる事をお進めします。
ボイストレーニングする事で、腹筋や横隔膜が鍛えられ、正しい発声方法が身に付くからです。

まずボイストレーニングの基本姿勢について、書いていきたいと思います。
声を出す時に、下を向いていてはのどが塞がって、上手く出す事はできません。
遠くに声を届ける感じで、目線も遠くに向けます。
これを意識するだけで、声がこもる事は無くなります。

次に、正しい音程感覚を身につける方法です。
CDなどを聞いて、そのままその音程を出せればいいのですが、
外れた音で歌ってしまう事も少なくありません。
それこそが音痴の一番大きな原因です。

音程感覚を鍛えるには、ピアノやギターなどの楽器を使い、
その音に合わせて発声するのが効果的です。
楽器が無い人でも、スマートフォンで無料の楽器アプリがあるので
それで代用するのも手です。

その練習に慣れてきたら、今度は実際に歌ってる自分の声を
録音して聞いてみましょう。
録音された自分の声は、自分の耳で聞いている声とは違って聞こえます。
しかしながら、それが本当の自分の声なのです。

楽器に合わせて出しているときは、何となく合っているように感じても
録音された声はズレている事があります。
毎回録音して、客観的に聞く事で、音程のズレを修正していきましょう。

音程感覚を鍛えると同時に、音域を広げるトレーニングもしましょう。
声を出す時には、のどの筋肉、腹筋、横隔膜を使います。
それらを鍛える事で、音域が広がり、高い声や低い声が出しやすくなるのです。
その全てに必要な要素が、複式呼吸です。

腹式呼吸をしながら、その状態で声を出す練習をします。
自分の出しやすい音「らー」でも「あー」でもいいので、一日に数回
声を出して鍛えます。

「あー」と言いながら、声を上げ下げしていきます。
「あーあーあー」と限界まで下げたら、今度は限界まで上げていきます。
これを一日数回練習する事で、気づかないうちに音域が広がっています。
これも音程感覚を鍛えるついでに、楽器を使って行うと、より効果的かと思います。

ボイストレーニングは音痴を直すだけではなく、プロの歌手でも行っている
トレーニングです。
地道に努力する事で、必ず結果につながります。
それを信じて頑張ってください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s