高音をすんなり出すためのポイント

歌を歌う時、「高音がニガテ」という方は多いと思います。得意な音域は上手く歌えるのに、高音になると途端に声が出なくなってしまうなんてこともありますよね。

ここでは、そんな「高音オンチ」を改善するためのポイントをご紹介。自分でできるボイストレーニング法として、ぜひ実践してみてくださいね。

1,体の力を抜く
高音が出ないという方に共通しているのが「体に力が入りすぎている」ということ。特に、胸や肩など上半身に力が入っていると、体の重心が上にきてしまい腹式呼吸が乱れてしまいます。

歌を歌っている最中に首・肩を回してみる、上半身を左右にぶらぶらさせて力を抜いてみるなどのトレーニングが有効です。
もちろん、体を動かしながらだと歌いにくいものですが、まずは力を抜くのが先決。力が抜けて腹式呼吸で歌えるようになってくると、たとえ上半身を動かしていても一定の声量を保って力強い歌声が出せるようになりますよ。

また、床に仰向けに寝て声を出してみるのも効果的なトレーニング法。天井を真っ直ぐ見つめたまま自分の得意な音域で「アー」と声を出してください。
この時、手をへその下あたりに置いて、腹から声を出すことを意識。気持ちよく声が出たら、次は一段階上の音域で「アー」とロングトーン。いつもより楽に声が出ているはずです。

2,軟口蓋を上げる訓練をする
高音が出にくいという方は、歌っている時、口腔内がべしゃっと潰れた形になっていることがほとんど。口腔内に十分な広さが無いため声が響かず、キーキーと苦しそうな声になってしまうわけです。

軟口蓋とは、上あごの少し奥、咽頭の前あたりの部分を言います。舌先を喉の方に伸ばしてみると、ちょうど「硬い部分」と「軟らかい部分」の境目あたりに触れることができるかと思いますが、この「軟らかい部分」が軟口蓋です。

この軟口蓋を上に広げるようなイメージで口腔内のスペースを確保すると、自然に喉が開き、高音がきれいに出やすくなります。ちょうど、あくびをする時の感じですね。卵が喉の奥にあるような感じをイメージしてもいいでしょう。

軟口蓋が上がっている状態(口も開けてください)で、ハミング。鼻に触れてビリビリと振動していたら成功です。
上手くいったら、ハミングをしだいに「アー」に近づけてください。「ンーアー」という感じです。この時の音域は、自分の出しやすい範囲で結構です。

どうでしょう。いつもよりもよく響く声が出たのではないでしょうか。慣れてきたら、軟口蓋がしっかり上がっているか、体の力は抜けているかを確認しながら徐々に音域を高くしていってください。

高音をいつでもすんなり出すというのは、実はプロでも難しいもの。腹式呼吸、軟口蓋を上げるといった基礎的なトレーニングを続けていくことが肝心です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s